おススメの英文校正会社と関連コラムを配信!

おススメ英文校正会社Ranking

英文校正会社edanzのホームページ

Edanzの英文校正の特徴と評判は?

オススメ度

10

専門的なテーマにも対応し、論文出版をサポート Edanzの最も大きな強みは、担当するエディター全員がネイティブ(母国語が英語)であり、専門分野の研究経験や出版経験を持っていることです。さらにスキルを定着さ... 続きを読む

POINT

Edanzでは英文校正会社として、多くの分野の業務を担当していますが、とくに「論文出版」において大きな信頼を得ています。その理由としては、ネイティブ(母国語が英語)のスタッフが業務を担当していることが挙げられますが、校正という正確性と豊富な知識量が求められる業務において、それらを可能にする優秀なエデ[...]

REVIEW

大学の研究論文を校正していただきました。専門的な英文の校正は難しくて時間がかかるイメージがありましたが、こちらの添削は迅速に対応していただき、感謝しています。
修正なしで出版レベルまで論文を仕上げてくれるのはこちらが一番なのではないかと思います。
評判が高かったのにも納得の出来でした。世界に論文を発信するために、研究者の皆様にぜひとも使っていただきたいサービスです。今後ともこちらを利用させていただきます。よろしくお願いいたします。

長文の英文の校正を依頼しました。ワード数が多いので値段が高くなるのを心配していましたが、こちらはクレジットカード払いで割引をしてもらえたので助かりました。良い英文に直してもらえたので、機会があったら、また利用したいです。

英文校正会社のAJEホームページ

AJEの英文校正の特徴と評判は?

オススメ度

8.1

専門家が専門家をサポートする AJEの特徴は研究者兼エディター(チーム)が研究者の論文作成をサポートしてくれることですが、その強みはやはり研究テーマに合わせたスタッフを人選をしてくれることではないでしょ...

英文校正会社editageのホームページ

Editageの英文校正の特徴と評判は?

オススメ度

7.9

学術論文に特化した実績 Editageの特徴は、学術分野に特化した業務をしていることです。英文の校正サービスにおいては、クオリティの高い学術論文の英文添削としてよく知られています。全国600大学におよび、世界で...

英文校正会社FORTEのホームページ

FORTEの英文校正の特徴と評判は?

オススメ度

7

プロフェッショナルな校正が可能 研究論文などの学術系だけでなく、製薬会社など一般企業向けのサービスも提供しているFORTEでは、厳格な機密保持体制と品質方針から情報の取り扱いに関する各種認証を取得していま...

英文校正会社ThinkSCIENCEのホームページ

ThinkSCIENCEの英文校正の特徴と評判は?

オススメ度

6

著者へのアドバイスなど、よりユーザーの近くに ThinkSCIENCEのサービスがわかりやすいのは、論文出版においてトータルに関わってもらえるところでしょうか。論文はまず日本語で書くか、英語で書くかなど、初期段階...

    
      
英文校正とは、文字通り英文をライティングしてくれるサービスのことです。確かに、一般の方には馴染みがないのもうなずけます。ですが、論文などを書かなければいけない立場の方だったり、その他英文での提出が必要な場面では、その効果を発揮します。

最近では翻訳機も発達してきましたし、また英語になじむ機会も格段に増えました。それでも、より確実な文法、または単語のチョイスなどプロに見てもらうことでよりクオリティの高い文章ができるのです。

英文校正サービスの種類(オンライン、無料など)の紹介

英文校正サービスには様々な種類があります。多くの方が利用を考える一般的なサービスや専門的なサービスもあります。会社によってそれぞれサービスの名前が付いていますので、よく見て利用してください。オンラインでのサービスをしているところもたくさんあります。その際は当然ネットでのやりとりになり、論文の受け渡しをデータで渡し、手直しされたものを後日送られてきたデータで受け取るのです。

その後の質問もサービスで受け付けている会社もたくさんありますので任せっぱなしにせず、疑問に持った際にすぐに問い合わせられるのが魅力です。アフターサービスにも力を入れている会社もたくさんあります。無料での受付をしているところも多くありますので、気になる際は一度問い合わせてみると良いでしょう。

英文校正サービスでは何をしてくれる?

論文を英語で書かなければいけない時に、英文校正サービスが威力を発揮します。一般的なサービスから特別なサービスまで前述したとおり、会社によってそのサービスの名前には違いがありますので、よく読んで選んでいただきたいと思っています。一般的なサービスでは、英文法のチェックをしてくれます。おかしい部分があれば、適宜指摘してもらえるのです。

専門的なサービスでは、専門的に使われる単語も確認し、さらに論文形式になるように手直しもしてくれます。英語能力に自信がない方や、校正に時間を使っていられない方には心強いサービスになってくれるでしょう。

最後に、これは見落としがちな点になってしまうのですが、規定に沿っているかどうかを確認してくれます。どんなに気の利いた言い回しをしていたとしても規定に沿っていなければ意味を成しません。英文校正サービスの優れている点と言えますね。

英文校正サービスの基本的な費用は?

どんなサービスを利用するにしても、気になるのが予算です。予算は会社によって違いがありますが、一回でまとめて請求するのではなく単語単位で値段が付くといったイメージで良いでしょう。例えば一般的なサービスだと、1単語当たり6円から12円くらいとなっています。納期の速さによっても値段が変わることがあり、早く提出してほしい場合はどうしても1単語当たりの単価が高くなってしまいます。

その他にも専門的な、上級サービスを利用した場合にも、こういった基本的な料金よりも高くなっていきます。最も高いサービスを利用したい場合は、1単語当たり約20円を想定しておくと良いでしょう。文章を書くとどうしてもたくさんの単語を必要としていきます。よく考えてサービスを選んでいきたいですね。

まとめ

このように、英文校正サービスは翻訳機能が充実した現代においても抜群の存在感を発揮するサービスとなっています。論文ともなると、どれだけ英語能力の高い方でも不安になってしまうことがあると思います。文法しかり単語しかりで、より適切な表現を使いたいと考えることはとても自然なことだといえます。

言葉は表現の仕方によって、より伝わりやすくなったり、反対にまったく伝わらなかったりします。より論文形式に沿った専門的な文章に書き替えて、安心して提出したいですね。

英文校正関連コラム

  • 英語の論文を作成するときに注意すべきこと

    英語で論文を執筆する際に気をつけた方が良い点、注意すべきところは一体どんのことなのかちょっとすぐには...

  • 英語の論文がうまく書けるようになるためのコツ

    英文の論文を書く上で大切なことはなんでしょうか、どこかの研究原稿をそのまま丸写しをすることはできませ...

  • 英語の論文構成を知っておこう

    英語の論文をより良いものにするために必要なのは、研究内容はもちろんですが原稿の文章そのものの形式や全...

  • 英文校正ってどうやって申し込むの?

    英文校正をされたことのない方には、まず申し込みの時点でハードルが高いのではないでしょうか。もそもそ「...

  • 英文校正を業者に頼んだ場合の費用相場

    「簡単な書き取りや会話は英語で行えるけど、改まった文章や丁寧な言い回しなどは苦手」と言われる方も多い...

  • なぜ、英語の論文作成は難しいと感じてしまうのか

    幼い時から英語に慣れ親しんでいる人や、語学留学をして、英語を身近に感じている人にとっては、英語で文章...

英文校正関連トピックス

  • 良い英文校正サイトの見分け方とは?

    英文校正サイトには様々な種類があります。サービスの内容も異なりますし、どのようなサイトを選んだらいいのか分からない方も多いかもしれません。ここでは、より良い英文にしたいという方に向...

  • 英文校正サービスのメリット・デメリット

    生活をしていると、たびたび「言葉って難しいな」と感じることがあります。自分はこういった意味で話したのに、そのように伝わらず誤解を受けたり、思っていることを完璧に伝えることができずも...

当サイトについて

日本語における校正者がいるように、英語における校正者も当然存在します。英語を母国語としない日本人は、英語を会話し、英文を理解して文章としてつくることができたとしても、出版物になるようなクオリティの文章表現をすることはとても難しいのです。そこで、やはりネイティブによる英文校正が必要となります。さらに研究論文ともなれば、内容はもちろんのこと、その英語表現はさらに難易度が増します。日本語と英語を比較したり、幾度か推敲を重ねることもあるでしょう。専門性の高い研究分野のことを理解し、わかりやすくネイティブがストレスなく読めるような表現に整える、そのような役割をしてくれるのが英文校正の会社なのです。今では、多くの英文校正会社が存在して、アカデミックな分野に特化した英文校正会社もあります。また、提供するサービスや得意とする分野、価格も比較することで違いもあります。ここでは、ランキングとそれぞれの会社の違いなどをご紹介しています。

TOPへ戻る