イギリス英語とアメリカ英語の違いは?

旅行をした時に英語が上手く伝わらなかったという経験はないでしょうか。私たち日本人は圧倒的にアメリカ英語に馴染みがあるため、イギリス英語圏では英語が違った意味で伝わってしまうこともあります。イギリスとアメリカでは同じ英語でも違いが多く見られます。発音の地域差だけでなく、単語そのものが全く違うものであったり、綴りが微妙に違かったりと細かな差異が数多く存在します。このように同じ英語がそれぞれに特徴をもった背景や、使われ方の違いなどを確認していきましょう。

何故違うのか?

イギリス英語とアメリカ英語の大きな違いとしてはアクセントとスペル、そして単語の意味にも違いがあります。同じ英語なのに何故イギリス英語とアメリカ英語とに分けられるのでしょうか。そもそも英語圏は広く、イギリスとアメリカ以外でもカナダやオーストラリアなど世界中の国々で使用されています。国の割合ではオーストラリアやニュージーランド、インドやシンガポール、マレーシアなどイギリス英語を使っている国の方が多岐に渡り、人口比ではアメリカ英語を話す人口の方が多くなっています。

元々はイギリスもアメリカも同じ英語を使っていましたが、フランス語などの影響を受けたイギリス英語が独自に変化していき、違った側面を持つようになりました。このため、それぞれの英語間で違った意味に取られる事があったり、伝わりにくかったりする事が生じるわけです。

論文ではアメリカ英語が主流

研究論文などアカデミックなものに関してはアメリカ英語が主流です。イギリス英語を指定される場合もありますが、世界中で読まれる事を想定すると、使用人口の高い言語のほうが良いわけです。さらに言えば、母国語かどうかは関係なく、ネイティブなアメリカ英語と同等なレベルの論文であることが求められます。

コンマやピリオド等の位置や接続詞の使われ方、単語のスペルもそれぞれに異なるので、論文作成においては細かな違いも指定された言語スタイルに合わせていく必要があるのです。ただ固有名詞に関してはイギリス英語のものであっても元々の英語をそのまま使用します。パソコンでの変換時に注意が必要です。

日本人は学校の教育でアメリカ英語を基本として学ぶわけですが、英語の論文を作成する場合にはやはりネイティブの英文校正は欠かせないでしょう。

イギリス英語とアメリカ英語の違いの例

イギリス英語とアメリカ英語とでは綴りも違います。メートルであればアメリカではmeterと書きますが、イギリスではmetreと書きます。語尾の使われ方に違いがあるのが特徴です。アメリカではサッカー、イギリスではフットボールというように単語の使われ方も変わってくるので注意が必要です。トイレもアメリカではレストルームでイギリスではトイレットやバスルームと言います。

アメリカ英語ではトイレットというと便器を指します。発音にも違いがあり、「r」の発音はアメリカでは発音されますが、イギリスではほとんど発音されません。Betterという単語はアメリカでは「t」を強調せずに発音しますが、イギリスではしっかりベターと発音します。「fall」と「autumn」のように歴史的背景から全く違った単語が使われているものもあります。

まとめ

一口に英語と言っても大きな違いがあり、イギリス英語とアメリカ英語とではそれぞれが独自に進化して今に至ることが分かります。こと論文などに関してはアメリカ英語を軸としてるので、そういった英文作成の必要がある場合にはアメリカ英語を基本とした校正が重要となります。この違いは旅行などをすると肌で感じることもあるはずです。

英語は世界共通言語として私たち日本人にも必須の言語となっていますが、英語の中でもこのような違いがあることを認識していくことで、よりレベルの高い英語の習得に繋がるでしょう。

TOPへ戻る