英語の論文を作成するときに注意すべきこと

英語で論文を執筆する際に気をつけた方が良い点、注意すべきところは一体どんのことなのかちょっとすぐには思いつきませんよね。文章である以上言語の垣根を越える前に表現方法として避けておくと良いルールがいくつかあります。これを機にいくつかをまとめて確認されると、論文だけではなく別の文章を書く機会の時にも応用できるものです。よろしければ参考までにチェックして見てください。

最初から最後まで話を一貫させる

長きにわたって研究して来た成果をまとめた論文、その目的が明快でなければ一つ論文とは言えませんよね。なぜなら英語での表現は日本語と違い曖昧な表現を好まないからです。どういうことかと言うと、日本語の表現だと曖昧なニュアンスであっても読み手に主旨が伝わるからです。主語の「私」がなくても「今日電車で嫌なことがあってね」と話し出せば、嫌なことがあったのは話し手の「私」であることがわかります。しかし、英語で話そうとすればそうもいきません。

「誰が、何をしたのか」を表現しなければ正確には伝えることはできないのです。ニュアンスで伝えられるのは同じ国出身者同士であることを念頭に置けば、外国語で違う国の人も目にすると考えた時、的確に伝えようと注意することができるのではないでしょうか。最初から最後まで話を一貫させることで、何について主張しているのかを強くアピールすることができるのです。どんなに途中が面白い本でも、ラストシーンで物語の根底を覆すような出来事が起きてしまうと読者は離れる場合が多いですよね。論文に新鮮な驚きや仕掛けは必要ありません。主張していることに対しての考察や結果がしっかり伴っているように書くことが重要になるのです。文章の中では事実と思考が混じって書かれていないかを注意し、原稿を何度もなんども推敲して取り除くことでないようにブレのない、良い文章が書けることがあります。

はじめに日本語で主張の核となる部分について丁寧に掘り下げていくと、英文での執筆の際、文法や単語に振り回されることなく表現に集中することができますし、校正や意見を人に求める際にも確認しやすくなります。長い文章の中で主張を維持するのは難しいと思われますが、英文の論文形式だと表現しやすいかもしれませんね。

あいまいな表現は避け、断定した表現を使うようにする

曖昧な表現を避けたほうがいい理由の一つとしては文章の間延びを防ぎたいと言う狙いもあるのではないでしょうか。英語が母国語ではなく日常的に使っていない人間の文章が、日本語と同じくらい書きたいことをかけているとは到底思えません。思っているよりも、英語が苦手な民族であることに注意して原稿に臨む必要があります。一般英語と学術英語はまた違うものなので一緒くたに同じ文法の言語として認識してしまうと、執筆はより難解なものへとなっていくのではないでしょうか。論文での適切な表現方法として口語文を避けると言うものがあります。

いわゆる「話し言葉」と呼ばれる表現の仕方を避けて「書き言葉」の文章で書くことが望ましいとされています。「です、ます」より「である、〜だ」で書くと言うことです。この語尾の違いだけでも随分と文章の印象が違うものですが、英文に置き換えた場合だと日本語より明確に注意して「この文は話し言葉だ」「この表現は書き言葉だ」と発見することは難しいと思います。日本語の文語に当たる英文の表現の仕方や熟語のパターンを理解しつつ、あまり堅苦しい文章にすぎないように気をつけながら執筆を進めていかれると良いでしょう。目で読むだけでなく、声に出して読むと不自然な箇所が見つかることがありますので、詰まったときなどに試して見てください。

二律背反のようですがふさわしい格式高さが原稿には必要ですが、親しみやすさにわかりやすさも文章の中に表現されていないととっつきにくくかえってわかりにくくなる場合があります。何事にも柔らかさと硬さのふさわしいバランスがあるようです。専門用語が多用されたり難解な言い回しが多いと文章が堅苦しくなることを覚えておきましょう。

同じ単語、表現を何度も使わない

原稿を執筆していると、ついつい全く同じ表現を何度も使用したり、知っている英単語をとにかく駆使したりして書こうとしていませんか?一つの一貫したテーマの文書に対して、同じ表現を何度も使うことは文章を間延びさせます。「文章が間延びしている」とはどう言うことなのでしょうか?すぐにはピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんね。文章の量に対して内容が薄いと言うことになります。同じ単語、同じ表現が多用されていると、著者にそのつもりがなくても単語数を稼いでいるようにも読み手に捉えられてしまうのです。

執筆中は注意していないかもしれませんが、文章を書く勢いが上がっている時に同じ単語・同じ表現が乱用されてしまうことが多々あります。ずっと同じ単語や表現が続く文章はご自分で読み直してみても読みにくいか、内容のぼやけてしまって主旨が曖昧にしか伝わってこない論文になってしまうことが多いです。何度も行う推敲の際にどんどん修正していきましょう。英語で書く場合知っている単語まず少なく、限りある単語がさらに限られてしまうと感じられるかもしれません。しかし、どんな言葉でも似たような表現や別の単語で言い換えれる単語は存在するものです。全体のリズムや流れにふさわしいように論文を修正し、自分の執筆では表現の正確さに自信が持てない場合は英文校正でチェックしてもらい適切なアドバイスをお願いすることも大事ですね。

校正をお願いする御者によっては校正後の質問受け付けを無制限で受け入れているところもございます。そういったオプションを上手に活用しながらご自身の英語スキルアップをはかれることもあります。ぜひ、ご自身の成長に役立て見てください。

まとめ

このように、英語の文章として論文を注意して執筆する前に日本語の下書きの時点で取り入れることができそうな、避けておきたい文章の書き方は存在します。これらを踏まえてこれからの論文や日常生活の文章表現の時に活用されると良いのではないでしょうか。できそうなものから始めて見てくださいね。

TOPへ戻る