英語の論文構成を知っておこう

英語の論文をより良いものにするために必要なのは、研究内容はもちろんですが原稿の文章そのものの形式や全体の構成にあると思います。日本語と外国語では同じ景色を見ても表現の仕方に差があるように、物事の捉え方考え方表現の仕方がそもそも異なります。それは、執筆の上でどう影響するものなのでしょうか。論文の構成内容から、原稿を書くときに注意すべきことについて考えていきましょう。

英語の論文にはどういう種類があるのか

日本語で長文の文章を書くことも敷居が高いと感じておられる方がいらっしゃるのに、これが英語になれば敷居はさらに高いと感じてしまわれるのではないでしょうか。この敷居に高さ文章の構造の種類の違いなのかもしれません。ただでさえ外国語の文章に触れる機会がほとんどない中で、難しそうな研究文が最初の一冊になってしまえば、苦手意識の壁もますます高くなってしまいます。しかし、外国語で小説家になりたいわけでもなく、あくまで研究成果の発表や学位のための英文なら、むしろたくさんの専門性の高い構成の文章になれてしまうのも良いことでしょう。文章の構成にも慣れは必要なのです。

日本語の論文は各大学や発表場所によって異なりますが、おおよそ決まった形がありますよね。「題目・論文概要・章タイトル一・章タイトル二・章タイトル三・まとめ・参考文献」となります。レポートを含めてこの構成で作成されることが多く、日本人にとって馴染みのある文章構成になっているかと思います。しかし、英文の論文はこれに当たらず「タイトル・主旨・序論・メソット・結果・考察・結論・参考文献・付録」となる形式がどうやらセオリーに当たるようです。両者それぞれ文章の表現方法として素晴らしいのですが、論理立てた証明をきちんと明確に伝えるには英文形式の方が強いと言えるでしょう。

そうなれば、英文形式の場合では分かりやすく明快な文章が好まれ、反対に曖昧な表現方法は避けた方が良いということになります。どちらの文章でも研究内容の主旨がはっきりしていることが重要になってきます。柔らかく多様性があり、迂遠な表現方法も得意な日本語を操る日本人には気合が必要になってくる文章形式になっているとも言えますね。

英語の論文構成を紹介

さてどんな文章の構成でも、基本となるテンプレートがあります。英語論文ですと「タイトル・要旨・序論・メソット・結果・考察・結論・参考文献・付録」になります研究の種類や専攻学科の種類によって各タイトルに対しての内容や比重が変わることもあるかと思いますが、基本はこの構成形式になるようです。前述した通り、日本語で太刀打ちするには明確化された項目が多いので戸惑ってしまわれるかもしれません。

さらにこの内容を外国語で作成しようと思うと本当にできるのかと不安に思われるかもしれません。英文校正のサービスや大学のサポートや仲間で励まし合うことで乗り越えることができると思いますので、原稿作成前にまず、くじけずに取り掛かることも一つ大切なことかもしれません。はじめのうちはなるべく、形式を意識せずに原稿に書きたいことをまとめるように書き始めると良いでしょう。誰しも最初から完璧な形式で完成した原稿がかけるわけではありません。何度も書き直しを重ねて目的や内容を明確化し、文章全体を膨らませたたり削ったりしながら、少しずつ少しずつ微調節を加えて文章の形を整えていくのです。

伝えたいことが伝わるように欠けているかは、人に読んでみてもらわなければわからないと考えておられるかもしれませんが時間をおいて自分で見直すことである程度客観的に原稿と向き合うことができます。はじめのうちは恥ずかしいと思いますがこちらの感覚にも慣れていきましょう。特に英文の形式では本文での曖昧な主張や遠回し表現を避けて、主旨や主張をはっきりと示すことを要求されます。そのためには自分の内側のごちゃごちゃになっている思考や主張をはっきりさせることが何よりも重要なのです。

論文を作成する前に準備すべきこととは

英語でも日本語の論文でも同じことが言えると思いますが、事前にたくさんの文章に目を通すことが大切になってくるのではないでしょうか。普通の読み物である小説やエッセイと研究・学術発表の文体は全く異なります。なぜならそもそもの読み手が同じ研究職のプロや先生たちであり、同じ土俵の人たちに自分の考えをはっきりと参考文献の裏付けを含めてきちんと証明しなければならないからです。このためにはまず、敵や己を知らなければなりません。良い文章を書くにはたくさん文章を読まなくてはなりません。

その内容はやはり書きたい文体や研究内容であることが望ましいのです。自分の研究内容に通じている研究やテーマについて書かれた参考書をできる限り読みこなすことをオススメします。そうすることで、体の中に論文の構成・特有の言い回しや表現方法・流れやリズムを叩き込むことができるからです。いざ、自分の研究についてを書くときに一行ごとに参考書や他の研究報告で文章の構成を比べていると時間がいくらあっても足りなくなってしまいます。文章の構成に関しては「出来て当たり前」に当たる最低限の条件に当たります。この大前提をクリアできていないと、どんなに良い研究内容であっても「論文」として評価してもらうことはできないのです。その上、英語と日本の学会では文章の形式にまた違ったセオリーがありますし、母国語ではありません。

普段の日本語と同じように扱えず、何より言葉はそのまま訳せば意味が同じニュアンスで通じるという訳にもいきません。本文では曖昧なニュアンスをできるだけ避け、明確で分かりやすく適切な表現の仕方が求められるのです。これらを学ぶ上でも他の人の研究・学術文を読むことは非常に有効かと思われるのです。

まとめ

英語での論文の構成についてとっかかりのようなものが掴めたのではないでしょうか。研究も外国語も一日で身につくものではありませんし、完成するものではありません。期限の日に慌てることがないように早め早めに準備をし始め、論文がより良いものになるように磨いていきましょう。

TOPへ戻る