英文校正サービスを利用して得られるメリットとは?

文章は自分で作成したものを確認したとしても、意外にミスを見つけ辛いものです。自分の目では先入観が先行してしまい、間違いに気付くことができません。これは英文に関しても同じことです。さらに英文の場合にはこうした校正面だけではない、英文校正サービスを受けた際ならではのメリットも存在しています。こうした英文校正のサービスを受けることで得られるメリットについて具体的にはどんな場合があるか紹介します。

文法や言い回しを直して文章の印象をより良くする

そもそも文章校正とは、文章の組み立てや表現方法、また文章ができることについて、より良い手法を自分以外の人間の目で見てチェックする作業を言います。誰かの作った文章の間違いを見つけるということとは少し違います。というのも文章というのは基本的な流れや形式はありますが、それを表現する方法はその人それぞれなのです。モノを見た人によって感情が異なるのと同じことです。

例えば赤いバラが咲いているのを表現するとしましょう。バラが赤いと表現する人もいますし、真っ赤なバラがと表現する人もいます。さらに庭に咲く紅一輪などと詩人のような表現を用いる人もいるでしょう。広い意味で言えばどれも赤いバラの説明として間違えではありません。ただし教科書に載せるならとか、小説に載せるならといった、その表現を用いるフィールドによっては適切な表現方法が登場するでしょう。

校正とはそのフィールドに合わせてこうした適切な表現方法に修正するという手法です。そして英文校正はその趣旨とおおむね一致しますが、更にもう一つ踏み込んだ手法が存在しています。日本語を英文に訳す際に、言語以上に表現法として、その言い回しが適切か、文法に間違いはないか、文章の印象が日本語の伝えたい内容と一致するものかを検討します。つまり、構成をも修正するというのが英文校正のサービスなのです。絶対的正解というものは表現には存在しません。

しかし、伝え方によっては誤解を招くということも起こり得るものです。せっかく素敵なことを伝えたかったというのに、ほんの少しの間違いから相手に誤解させ、不快な思いをさせてしまうということは避けたい結果です。そうしたことのためにも英文校正は必要不可欠と言えるでしょう。

添付書類を作成してくれる

英文校正の場合には、添付資料の作成という特典があります。この場合にはその添付資料にも様々なものがあります。例えばそもそも論文に関しての資料として必要なものはもちろん、フォーマット案件、さらには証明書の類が挙げられます。そもそも英文校正の場合には、専門的な論文の英文校正という場合もあります。専門的なものに関してはチャートでの説明も必要になります。成り立ちから現在までの推移を説明するのに添付資料がなければ説明に想像がつかないということも多くあるでしょう。

学術研究などの場合には基礎となる資料もあります。例えば歴史的資料などもその一つとして挙げることができます。歴史的資料自体に注釈を入れることはできませんが、その資料を基に作成した論文に必要なものに関しては英文校正を行う必要性も生じます。むしろ諸外国の人に対して日本の歴史的文化を説明する場合には添付資料が存在しなければ難しいでしょう。

文化自体を把握していたとしても、それがどの程度の貴重なものか、またどの程度年数が経っていて、どういった時代背景のもとに誕生したものかなど、日本に住んでいる人でも未把握だという方もいるでしょう。こうしたものを説明するのには添付資料は必要不可欠です。さらに証明書の類に関しても、求められることは十分考えられます。

論文の校正によっては誰が行ったのか、いつ行ったものかというところまで必要とされる場合もあります。論文自体というよりも、その論文の内容に記された内容が価値のあるものであればその必要度は限りなく上がるものです。となると添付資料を作成できるということはもはや必須とも言えるのです。つまり英文校正の添付資料があることで論文の信用度も上げることができると言えます。

投稿に必要なサポートを提供してくれる

最も重要なことは、誰が読んでも内容を理解できるものになることです。となると文章の校正面に関しても修正する可能性もあります。投稿する場合には何が必要か、この文章に何が足りないのか、そのアドバイスをもらうことができます。それだけではありません。その投稿に必要なサポートも提供してもらうことができるのです。投稿に手慣れているという場合であれば、簡単なことであっても初めてだったり不慣れだったりした場合には、不安がつきものです。中にはよくわからないからと最初からあきらめてしまう場合もあることでしょう。

自分の可能性にチャレンジするためには、こうした躊躇は早く切り捨てるべきですが、そうもいかないのが人間とも言えます。こうしたときに出来れば適切なアドバイスやサポートをしてくれる人が必要です。英文校正ではこうしたアドバイスやサポートにも力を注いでいます。多分な実績のあるところであれば、事前に予定している方向を示すことで文章校正面からサポートしてくれるという企業も存在しています。

また必要な資料に関しても事前にアドバイスを受けることができます。どんな場合においても言えることですが、急にこれが必要とかあれがないといわれると人は焦ってしまうものです。しかも焦ってしまうと見落としてしまうことは多くなりがちです。せっかく自分で苦労して作成した論文でも、ちょっとしたミスに足を引っ張られてその内容を吟味すらしてもらえなければ、努力は水の泡です。

そんな悲しい結果にはなりたくないものです。英文校正を受けることによって、こうした小さなミスを回避し、自分の納得いく表現を手に入れることができるのだとしたら、決して安いお買い物ではありません。むしろ喉から手が出るほど欲しいものではないでしょうか。

まとめ

英文校正を受けることで嬉しいメリットを得ることは可能です。でも大切なことは、校正を受ける前に相談することです。この論文をどうするつもりなのかという方向性をしっかりと明示することで、文章の内容も生き生きと表現させることができます。自分の自信につなげることも可能です。まずは早速チャレンジしてみることです。やってみることで自分の文章能力も向上しますし、英文の可能性も広げることができます。

TOPへ戻る