ネットでよく見かける、無料の英文校正サイトは役に立つの?

ネットでよく見かける英文校正の無料サイト。中には高評価のものもあり、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。実際の使い勝手はどうなのでしょう。また、有料のものと比べて、どこがどう違うのでしょうか。こちらで詳しくご紹介していきます。

無料の英文校正サイトにはどんなものがある?

ネットには、様々な無料の英文校正サイトが載っています。英文法やスペルが正しいかどうかをチェックしてくれるだけでなく、表現や構成が的確かどうかをチェックしてくれる機能や、単語や英文の数を瞬時に計算してくれるサイト、辞書機能がプラスされたサイトもあるようです。また、いくつのスペルミスや誤った文法があったのかを円グラフにしてパーセンテージで表示し、下部には「予想より高かったよ」や「素晴らしいね」など評価も書かれているので、文章全体を改めて見直すことができます。

また、オリジナルの文かどうかをチェックしてくれる機能が備わったサイトもあり、こちらは論文などを自分が書いたものであるという証明をするときには役立ちそうです。また、辞書機能がついていれば、人名や固有名詞などを追加することができますので、よく使う単語を登録しておくと便利です。ただ、文法と単語の間違い、ボキャブラリーの評価、文構造の分析、単語と文の数の分析、別の文章表現の提案、辞書機能のすべてが備わった無料サイトは見当たりません。全てをチェックしたいという場合は、有料版に乗り換える必要があり、毎月一定の金額を支払っていく必要があります。

また、チェックしてくれるのはあくまでコンピューターですから、どの程度信頼できるのかどうかも疑問が残ります。無料の英文校正サイトを使ってみて、「文法的には正しくても、言いたいことが表せていない」という経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。無料のものは、手軽でとても便利ではありますが完璧ではありません。どのサイトがどういう機能を持っているのかを把握したうえで、あくまで校正のサブ的な存在として捉えておくと良いでしょう。

無料のものと有料のものの決定的な違いとは?

では、無料の英文校正サイトと有料のそれとは、どのような違いがあるのでしょうか。それは、完璧性という点に尽きると思います。先ほどご紹介したように、無料のものはそれぞれ持っている機能が違いますから、完璧とは言えません。全ての機能を備えているものがないため、完璧性を求めるには複数の無料英文校正サイトを同時に利用する必要があります。また、どれほど人気が高い有名なサイトであってもスペルなどを見落とす可能性があります。

さらに専門的な分野の場合は、その分野に独特の用語を多く用いなくてはなりませんが、無料サイトにそこまでの専門性は求められません。正しく書いた専門用語が間違いだと指摘され、不安になってしまった方もいらっしゃるようです。一方有料の英文校正サイトは、プロの校正者が行うため、コンピューターにはできない細かな部分も漏らさずチェックしてもらえます。さらに、様々な専門分野に強い校正者が多くいらっしゃいますので、どんな分野の論文であっても安心してお任せすることができます。また、費用についてですが無料版から有料版に乗り換えた場合、利用しなくても毎月一定の金額を支払わなければなりません。果たして毎月一定額を払うだけの価値があるのかどうかは賛否が分かれるところでしょう。

例えば年に1、2回しか利用しない場合は、逆に損をしてしまいます。プロの校正者にお願いすれば支払いは利用した場合にしかかかりませんし、何より完璧に仕上げてもらえるのが最大の魅力と言えるでしょう。また、日本語特有のニュアンスもうまく汲み取ってもらえる点も非常に魅力的です。この完璧性こそ、無料のものと有料のものとの決定的な違いと言えるでしょう。

英文のスキルを高めたいなら、有料のものを使うべし

校正をお願いする方に共通しているのは「自分の書いた英文が正しいかどうか知りたい」「もっとスキルアップしたい」という思いです。英文のスキルを高めるには、有料の校正会社にお願いするのがおすすめです。なぜかと言えば、自分が書いた英文を校正してくれるだけでなく、別の表現を提案してくれたり、どこがどう間違っているのかを教えてくれたりするからです。校正は通常論文やレポート提出の際に利用しますが、それ以外にも「英語の日記をつけている」「趣味で英語の小説を書いている」という方もいらっしゃることでしょう。

日記や小説も、校正してもらえますから、英文のスキルアップにはもってこいです。論文などは締め切りが迫っているため校正された英文をじっくり見直す時間がなかなか取れない方も多いと思いますが、日記や小説であれば時間があるときにゆっくりと自分と校正者の英文を比較できますので、新たな表現や語彙を増やすためには非常に有効です。論文の場合も継続的にお願いすれば、似たような内容の論文を書く場合に、以前の校正を参考にできますから、一から作り直す必要がないため、作成の時間をグッと短縮できます。また、例えば、1週間、あるいは1か月といった一定の期間に絞って構成してもらうこともできますから、大学生の定期テスト対策にもおすすめです。どのケースも継続的に有料の英文校正をお願いすることで、英文スキルが徐々に高まっていくのを実感できます。無料の英文校正ですと気軽に利用できる反面、きちんと見直しをせずに校正内容をそのまま使ってしまいがちです。

校正通りに提出してしまえば非常に楽ですし見直す時間は必要ありませんが、英文のスキルはいつまで経っても上がらないという事態になりがちです。返却された英文を隅々までじっくりとチェックでき、どこがどう間違っていたのか、次からはどうすれば良いのかを知りたくなるのも、有料だからこそと言えるかもしれません。

まとめ

世の中には、無料のサイトやアプリは星の数ほどあります。手軽に試せるという点では非常に便利ですし、中には優れているものもあるでしょう。しかし、有料のものには、お金をかけるだけの魅力や価値があります。英文校正でもそれは同じ。無料の英文校正に満足できない方、英文のスキルアップを目指したい方は、一度有料の英文校正をチェックしてみることをおすすめします。

TOPへ戻る