英文校正が必要になるシチュエーションとは

急に英文校正が必要になった経験はありますか?社会人の方であれ学生の方であれ、英文校正をお願いする必要に迫られた経験がある方はそれほど多くはないかもしれません。また、どのような場合に英文校正が必要になるのか、全然想像がつかないという方もいらっしゃることでしょう。しかし、意外にも英文校正をお願いしなくてはならないシチュエーションは多いと言えます。ここでは、ケース別に見ていくことにしましょう。

広告やポスターなど、急に英語が必要になった時

普段は英語を全く使用していない企業であっても、広告やポスターを作る際には英語を載せているという企業は数多くあります。例えば、自社製品を急いで外国人の顧客に展示会等でアピールすることになった場合、広告、ポスター、案内状、パンフレットなどは全て英語で用意しなくてはなりません。

このように、社内に英語に堪能な人がいない会社が、急に広告やポスターを作らなければならないとしたらどうでしょうか。このようなケースでは、とりあえず作ってみて、英文校正会社に丁寧なチェックをお願いする必要があります。広告やポスター等は、その会社の特徴や製品を分かりやすく、かつ強烈に消費者に印象付けなくてはなりませんから、英文にもそれなりのインパクトや効果的な表現が求められますし、当然ミスは許されません。万が一、英文法やスペルに間違いがある広告やポスターが出回ってしまったら、製品の売り上げにも影響を及ぼすかもしれませんし、その会社の品位を疑われる事態に発展しないとも限りません。外国の顧客に限らず、「日本語よりも、見栄えがいいだろう」とわざわざ英語にして、英文の間違いが多発してしまい、その結果、会社の評判を落としてしまう恐れもあるのです。

また、広告やポスターを作るのが初めてという企業にとっては、レイアウトも非常に重要です。日本語ではおさまりが良く見えても、英語にした途端、おさまりが悪くなってしまったという話も聞きます。いかに端的な分かりやすい、相手の心に刺さる英文を考えらえるのかが、校正者の腕の見せどころと言えるでしょう。特に急に広告やポスターが必要になるといったシチュエーションにおいては納期が短いですから、短納期に対応している英文校正会社を早急に探す必要があります。

論文の書き方が良いかどうかわからない時

各種の学会や外資系企業のプレゼンテーションなどで、英語の論文を発表しなくてはならないというシチュエーションも考えられます。「日本語で書くことも難しいのに、ましてや英語の論文なんて無理だ」と腰が引けてしまう方も少なくありません。論文は一貫した論理で、分かりやすく、かつ具体例を挙げて書かなくてはならないですし、かなりの分量も求められますので、苦戦される方も多いことと思われます。このような場合も、英文校正の講師にお願いするのが得策と言えます。

内容が優れた論文であっても、肝心の英文が間違っていたら、聞き手にはその内容が伝わりません。基本的な文法や単語はもちろんのこと、内容が脱線していないか、具体例は適切か、論理が一貫しているかなどを第三者のプロにチェックしてもらうメリットは計り知れません。ただ、プロの校正者にお願いする場合は、論文の校正経験が豊富な高度なスキルを持った会社を探すことが大切です。校正会社の得意分野はそれぞれ違いますから、発表したい分野の校正経験が豊富な会社を探してみてください。発表したい分野の校正に強い講師に出逢えるかどうかが、論文発表の成功を左右すると言っても過言ではないでしょう。また、1度の校正で済ませようと考えず、疑問点などがあれば何度でもお願いすることも大切です。そして、余裕があれば複数の校正者にチェックしていただく方が、より安心だと言えます。

校正者によって内容が微妙に違う場合もありますので、最終的にはあなたが判断し、決定しなくてはなりませんが、より英文の表現の選択肢が広がるという点では、おすすめの方法です。当然、一つの校正会社にお願いするよりも経費がかかりますが、あなたの会社にとってベストな校正会社を選ぶための必要経費だとも言えるでしょう。

ビジネスで英文が必要になった時

当然のことですがビジネスにおいて英語は大変重要です。例えば、外国の方が商品を購入し、契約書を作らなくてはならない場合、あるいは外国の企業に英文のメールを送らなくてはならない場合など、英文が必要とされるシチュエーションは非常に多くあります。契約書にはそれなりの書式がありますし、注意事項なども細かく記載しなくてはなりません。また、メールの内容がお詫びの文章だった場合は、特に神経を使わなくてはなりません。

こちらの謝意がうまく伝わるかどうかは、英文が的確かどうかにかかっています。もし間違った文法や単語があった場合は、許してもらえるどころか、火に油を注ぐ結果にならないとも限りません。怒った顧客は、あなたの会社の製品を二度と購入してくれないでしょう。そのような時も、英文校正のプロの出番です。また、通常のビジネスレターを送る場合も、決まったフォーマットや書き出しがあります。ネットや書籍にもビジネスレターの書き方やコツといった情報が多く掲載されていますが、実際に自分が書きたい内容とは違う内容のため、結局何と書いたらいいのか分からないという方も多いと思われます。また、ビジネス英語は単に日本語を翻訳アプリで英語に直して出来上がりという訳にはいかないのが難しいところです。このような場合にも、英文校正の講師にお願いされると良いでしょう。

英文校正の講師は様々なシーンに対応していますから、契約書であれ謝罪文であれ通常のビジネスレターであれ、あなたの要望を的確にくみ取って、最良の英文校正を行ってくれるはずです。ただし、このケースも校正者の高いスキルが求められることに変わりはありませんから、経験が豊富な校正者にお願いするようにしてください。

まとめ

普段は英語と無関係の企業であっても、英語が必要になる様々なシチュエーションがあることがお分かりいただけたかと思います。また、今ご説明した以外にも、英文校正が必要になるシチュエーションはたくさんあります。そのたびに四苦八苦して英文をひねり出し、それが正しい英文なのかどうかわからないまま発表するよりも、プロの英文校正にお願いする方が、ストレスも軽減できますし、仕事の効率アップにもつながりますのでおすすめです。

TOPへ戻る