翻訳のスペシャリスト!英文校正者にはどんな資格が必要?

英文を校正するうえで必要となる資格にはどんなものがあるのかをご存知でしょうか。また、どういった検定を受けておくことで英文校正を行う際の利点となるかご存知ですか。英文校正には実績と、それを裏打ちする検定の資格を持っていた方が有利になります。英語力は話せる書けるといった日常的な能力以上に、それを客観的に証明できる実績が必要になる分野です。持っておくことで色んな利益を得ることができます。そんな自分の有利になる検定や資格に関して紹介します。

英語に関連する資格にはどんな種類がある?

英語に関わる仕事がしたいと思う学生さんや社会人も多いことでしょう。複数の言語を扱うことができるのはとても格好良いですし、自分の視野を広げることもできます。持っていて損のない能力と言えます。しかし、日常会話ならともかく、仕事として英語に携わるのであれば、資格は必須です。これはその人の能力を表現するためにとても重要なスキルです。

単に勉強したことがあるという程度では信用度という面での問題点があります。しかし、それを受理するための試験が存在しています。試験を受け一定の結果を出すことができる能力があるということはそれなりの信用度もあると認識されます。ですから、資格は社会で何かを為す場合に大変大切なのです。

英語の場合には一般的に翻訳という仕事があります。でもこの翻訳、種類もパターンも幅が広いのはご存知ですか。翻訳の能力は様々な分野で重用されます。日常的なやりとりから医療学術といった研究分野まであります。また警察や裁判所など司法に関わる部分でも求められます。そのため翻訳と言っても、その資格はビジネス検定から技能検定、またアルバイトでも行うことのできる分野も存在していて、実に様々です。

これは全ての検定を受けていないと翻訳を行えないということではありません。ただし信用度の表現という違いがあるのです。また検定や就職試験などの中には実績年数を問われる場合もあります。実績とは勉強した期間ではなく、それを活用した期間のことです。つまりアルバイトとしてでも翻訳経験があるかということも将来に影響することがあるのです。これらすべてを含めると英語に関する資格は多彩に存在しているといえます。逆に言えば、どんなことも英語力の向上につなげることができると言えます。

英文校正者に求められるスキル・資格

では英文校正者に求められる資格はどんなものでしょう。結論から言えば、英語の先生や翻訳のようなスキルがなくても英文校正は行うことができます。ところが、英文そのものに関して存在意義を証明するための検定は多く存在しています。こうしたことから考えてみても英語を翻訳する世界では実績が大切だと説明した通り、英文校正も同じことがいえます。

検定を受けたのか持っているのかということを求められることはなくとも、そのスキルは校正能力を裏打ちするために必要です。つまり、どんな検定を経ているかという結果が無くても、英語の校正自体は可能です。ところが、その結果や内容を裏打ちする実績がなければ信用度が高くなることはないということなのです。

スキルとは、持っているだけでは自己満足の領域です。例えば大変料理上手なスキルを持っている方いても、料理の資格は何もないけれど本を出す、店を出すという場合があったとしましょう。そのお店に行くときに考えるのは、衛生面の勉強はしているのか、提供する食材の鮮度や出荷場所はどうなのかということでしょう。

しかし、もし料理に関する何らかの検定を経ていたり、専門機関の受講を経ていればこうしたことを裏打ちに客は安心し、信頼度は上がります。このようにスキルとは持っている努力の結果だけでは仕事として生かす時に問題が生じてしまいがちなのです。そうしたことを解消するため、ある程度認知された検定や試験を経ていることが大切になります。

英文校正では、英語力だけでは校正スキルの面で不安が残ります。英語の力だけでなく校正に対する試験や検定を受けているかということは大切です。日本語であっても英語であっても言語を修正するのに必要な修正指示は存在します。こうした技能を持っていて初めて英文の校正を行うことができるといえます。

良い英文校正者を探すなら資格に注目!

英文の校正を依頼する際に注目するべきは、どんな資格を持った人が在籍しているのかというところです。前述したように英文を校正する際には特定の検定などの合格基準はありません。言い換えれば、何も持っていなくても英文校正することは可能です。しかし、自分の原稿を依頼する場合、実績のある人に校正してもらいたいと誰もが思うものではないでしょうか。誰でも良いから校正してほしいというのなら、わざわざ企業を選んで依頼する必要がなくなるでしょう。だからこそ、より校正を依頼する企業を選ぶ場合には、しっかりとした調査が必要になる訳です。

英語の語学力に長けているとか、長年研究部門での実績がありますという説明であれば、どの企業も行っています。こうした専門的知識があるのは大変魅力的で、良い力にもなりえます。しかし、校正という点において検討するならば、これだけでは足りないのです。文章は誰が見ても分かりやすいものであるということが求められます。さらに掘り下げると、分かりやすい文章とは意外と難しいものです。感覚や経験の違いから同じ言葉でも発想するイメージは人それぞれであるように、分かりやすいという表現は、人それぞれだからです。

一方では読みやすいと表現された文章も、他方では意味が分からないといわれてしまう場合もあります。そのちょうど良い間をつかみ、大抵の人が読んで意味を理解する文章に導くのが校正です。もちろん英文校正も同じ趣旨です。となると何の検定も合格した経験がないという場合には、その意味合いを会得していると言えるでしょうか。またも施行した勉強をしているとしても、合格実績がない人に任せられるでしょうか。こうしたことから良い英文校正者を選ぶのが良いといえるわけです。

まとめ

英文校正を依頼するうえで、英文を校正するために必要な能力がどの位であるのか、どの範囲の能力を持った企業であるかを知るのは大切なことです。そしてこうした仕事をするにあたって、英語に関する翻訳や校正の資格があるのかということが、本人の能力のみならず、企業自体の信用度に影響することにもつながることを念頭に置くべきでしょう。校正を依頼する場合にはこうした点を考慮して選択することで、間違いない業者選びをすることができます。

TOPへ戻る