英文の訳し方のコツと練習方法

なぜ日本人は英語が下手なのでしょう。勉強しても、使う機会がないからでしょうか?頭の中で一旦日本語に訳してから考えてしまうのがいけないのでしょうか?欧米であれば、言語は違っても言葉や発音が似ている場合や、文化的な背景が似ていることから無理なく覚えられると聞きますが、日本はあまりにも異なる点が多いため習得が難しいのでしょうか?いずれにしても、できないことでコンプレックスを持ったり、仕事で不都合を被ったりしている方は意外にも多いようです。

学校で習った方法は良いの?

今まで私達が学校で習ってきた英語を訳す方法は、英文解釈と呼ばれています。それはどのような方法だったかというと、教科書を読んで、分からない単語や熟語を調べた後で、主語、述語、目的語などを見極める作業を行います。1文を分析し、構造を理解しながら綺麗な文章に訳していく作業が求められます。

なぜこのような訳し方が主流になっていたのでしょうか?日本において英語の勉強は、話したり聞いたりする事より、読んだり書いたりする方が重要視されてきました。それは、その昔、西洋の情報が書物として入ってくるため、新しい事を学ぶためには英語を読んで理解する事が必要であった為と言われています。そんな時代の流れから、今日までの授業においても読み書きが重視され、結果、読んだり書いたりする方法の習得を中心に授業が行われてきました。その為学校で習った方法は、綺麗な日本語に訳すという点においては非常に有効な方法であると言えます。

また、日本語の作文技術が向上するという点でも効果的であると言われています。しかし、今日では、スピーキングとリスニングに重点がおかれるようになりました。その結果、必要とされるようになったのは頭から理解していくという事と、ざっくり読んで意味が理解できるようになるような理解スピードです。

以前のように脳内で日本語に変換する事なく、英語のまま理解するという事が重視されるようになりました。単語を一旦日本語に置き換えるという作業をしていては、スピーキングやリスニングではスピードについていけなくなってしまうのです。英文解釈はリスニングやスピーキングの力を養うには向いていませんが、翻訳や読解に関しては今も有効な方法と言えます。

英文を訳し方のコツは?

コツと言えるような方法はあるのでしょうか?調べてみましょう。まず、最近よく目にするのは先頭から読んで、ある程度単語の塊ごとに意味を理解していくやり方です。単語の塊は、カンマで区切られた文節ごとなどで捉えて、意味を理解していきます。このやり方だと、出てきた単語から理解していけるので、スピーキングやリスニングにも対応できますね。

最近は学校でもこのようなやり方を採用する先生が増えています。先頭からどんどん訳していく事で、目線があれこれ前後する事がありませんし、何より理解するスピードが速くなります。短時間で膨大な量を読む必要がある場合にも、このやり方は非常に有効であり、現在はこれがスタンダードな訳し方として紹介されています。

従来の方法では、後ろから訳していく事が必要となりますので、長い文章の場合はピリオドにたどり着いても既にその前の言葉がなんだったのか覚えていられなくなってしまいます。その結果、スピーキングやリスニングが重視されるシチュエーションにおいてはこのやり方はあまり有効ではないと言われています。

少し、発展的なことになりますが、長文問題の読解力をつけるための学習法において、やってはいけない学習法というのがあります。それは、英単語を沢山覚えることです。ある程度の語彙力は必要になりますので、あまりにも単語力が無い方は覚えるという作業も必要になりますが、英単語の全てを暗記することには無理があり、詰め込み型の勉強では有効な対策とは言えません。それよりも必要なのは、文脈から分からない単語を類推する力です。

具体的な練習方法は?

具体的にはどのような練習をしたら良いでしょうか?ここでは練習方法について調べて見ましょう。まずは、スラッシュリーディングという方法です。先に述べた方法ですが、先頭から読んで読んだ通りに訳していく方法です。他にも、あまり一般に認知されていませんが、音読筆写という方法があります。

どのようなやり方かと言うと、最初に意味や内容を理解したのちに、声に出して読み、更に書き写すと言う方法です。ひとつのものを色々な方法で読んだり書いたりすることで、自然と頭の中に染み込んで行き、深く理解する事ができるようになります。音読の後に、書き写す事でその構造も自然と身についているので、スキルアップしますし、次に同じものを読んだときには分からないという事がないくらいしっかり頭に入ります。

日本語で考えても同じですが、小学校では必ず音読の宿題がほぼ毎日出ますね。小さいうちから音読を沢山行う事で、頭の中に日本語を沢山インプットしていきます。自分の頭の中に語彙が少なければ読むにしろ書くにしろ十分に理解する事が困難になります。英語もこれと同じ事です。音読筆写を沢山こなす事で、読んだものが自分の中に蓄積されて行き、やがて訳す際の力になってくれます。

この方法は、長文問題を解く際の練習としても大変有効な練習方法です。1つをこなす時に、音読から書き写す作業が加わる事で長い時間を必要としますが、じっくり読む事で初めは理解できなかったものが頭にしみ込んでいき、次に読んだときにはいちいち日本語で考える事なくそのままスラスラと理解する事ができるでしょう。

まとめ

私達が今まで学校で習ってきた英文解釈という方法は決して間違った方法ではありませんでした。しかし、今日は英語の読み書きよりもスピーキングやリスニングに重点が置かれるようになり、以前のようなやり方よりもスピードを重視したスラッシュリーディングがより注目されるようになりました。

時代とともに適した勉強方法も変化してきていますね。また、そのような読解のスピードを要求されるようになってもなお、ひとつをじっくりと様々な角度から時間をかけて読んで書くという音読筆写が練習として有効であることも分かりました。

TOPへ戻る