英語論文翻訳サービスの質を決めるポイント「納期」

翻訳サービスにおいて質も重要ですが、その質を左右するのが納期になります。そのため、掛かる費用と共にその業者の納期日を確認しておくことが、高品質な英語論文制作に繋がっていきます。何故翻訳サービスにおいて、納期がサービスに影響を与えることになるのか?利用する際に納期が何故重視されるのか?その理由もしっかり確認して、より良いサービスを受けられるようにしておきましょう。

英語論文の翻訳サービスで納期が重視される理由

どんなに丁寧に制作した論文であっても、些細なミスを見落としてしまう可能性はゼロではありません。納品する日程に余裕がなければ、その見落としは一層増え、論文の質にも大きな影響を与えることになります。英語論文翻訳サービスを利用する際に納品日を重視するのは、こういった些細なミスをなくし、論文の質を向上させることにあります。

納品する日程に余裕を持つことでしっかりチェックすることができ、依頼者の要望通りの翻訳を行うことができるのです。単語数が多くなればなるほど、作業量は多くなり、納品する日程を多く見積もらなければ品質の高いサービスを受けることは難しくなります。業者によっては複数人体制で当日の納品にも対応してくれますが、必ずしも品質を保証してくれるものではありません。

業者によっては事前にその旨をサイトなどで表記している場合もあるため、依頼する際に確認しておく必要があります。また、依頼された論文が英語翻訳するには難解な場合、追加料金が発生する場合もあります。翻訳に時間がかかるものを短い日程で依頼者の元に返すため、予定よりも翻訳者の数を増やすことになってしまった、など様々な状況が想定されます。

品質の高い論文に仕上げるためには、入念なチェックを繰り返し行うことが重要になってきます。単純なミスはもちろん、翻訳した文章の構成、全体を通して何度も確認することが高品質な論文に繋がるのです。つまり、徹底した品質の翻訳を求めるには短い期間は不向きとも言えるため、納品日に余裕があることは、質の高い翻訳を決める大きなポイントともなるのです。

納期と料金の相場に関係はある?

依頼する際の料金や納期は業者によっても大きく異なります。料金の出し方が異なる場合もあり、ある業者は日本語の文字数で料金を出す形式であったり、別の業者は英語の単語数を元に料金を出す形式であったり、他にもページ数で料金を出したりと様々です。業者の数だけ様々な仕様で展開されており、特典などによっても料金は異なるため、平均的な料金を出すことは難しくなります。そのため、料金の相場は翻訳サービスでは存在しないとされています。

ただし、一単語で計算する業者は一単語あたり10円前後が基本であることが多く、ページ単位では最低料金が1万5千円前後であることが多いようです。また、業者やプランによっては当日納品することもでき、設定する納期によっても料金が異なってきます。当日が納品日といった日程など、作業日程が短ければ短いほど料金は高くなっていきます。

当日納品する場合、文字数など様々な制限が掛かる場合もあります。日程が長ければ制限も緩いため、文字数やページ上限もなく依頼することができます。設定できる日程も業者ごとに異なるのですが、基本的に当日から5日前後対応してくれる業者が多く、長い場合は15日から20日程に設定している業者もあります。入念なチェックが論文の質に影響するため、作業日程が多ければ高品質な記事に仕上がる可能性も高くなります。

比較の難しい翻訳サービスの相場ですが、自身で様々な業者に見積もりを出すことで他の業者と比較することが可能となります。少し手間になりますが、確実な相場を知りたい場合は試してみましょう。

納期と料金はどちらを優先すべきか

業者によって料金や納期も異なるため、どちらを優先して業者を選べば良いのか迷う方も多いと思います。翻訳において納品する日程は論文の質に大きく影響します。高品質な翻訳を求めている場合は、納品日を重視することを優先しましょう。論文と向き合う時間が長ければ長いほど、論文の質は必然的に向上します。

しかし、翻訳を依頼する量が多くなれば費用も多くなります。費用が掛かってしまっては依頼者の負担が大きくなるため、できる限り無駄なコストは削減したいものです。サービスの提供に掛かる費用も、翻訳サービスの内容にも異なります。より質の高いサービスの場合、費用もその分掛かってしまうことも念頭に入れておきましょう。費用が掛かるのは依頼する原稿量以外に納品日も関わってきます。

当日に依頼し、その日の内に原稿を翻訳して納品するというサービスはとても便利ですが、その分費用も多く掛かってしまいます。急ぎで作業を行うため、原稿量にも制限が掛かることが多く、品質が明確に保証されない場合もあります。しかし、日程に余裕を持つことで費用も安くすることができるのです。納品日に余裕がある状態であれば原稿量が多くても費用を抑えることができます。

つまり、納期日を優先することで料金も同時に抑えることが可能となるのです。そのため、翻訳を依頼することを考え始めた時には、同じ日程でどのぐらいの費用が掛かるか、その点で比較すると良いでしょう。同じ納品日でもサービスの違いで費用も異なり、品質の高いサービスを依頼する場合はしっかり確認しておくことが大切です。納品日を重視して依頼を行うようにしておくことで、高品質なサービスを費用を抑えた形で受けることができるようになるのです。

まとめ

翻訳サービスを受ける際にはまずは納期日を重視することが大切になってきます。納品日に余裕を持つことで費用も抑えることができ、業者も原稿と向き合う時間が多くなり、サービスも向上します。納品日に余裕があることで、原稿量にも制限が掛からずサービスを受けることが可能となります。英語論文の翻訳サービスを受ける際にはまずはその業者の作業日を確認しておくことが良いでしょう。その上でプレミアムなどの上級サービスを受けるか考えると良いでしょう。

TOPへ戻る