英語論文の翻訳サービスを利用することでどんな得があるの?

制作した論文を英語で再び制作し、海外メディアに発表したいと考える方も増えていると思いますが、英語に直す自信がない日本人は数多く存在しています。そんな英語が苦手な日本人向けに英語論文の翻訳を行っている業者も多く目にするようになりました。詳しいサービス内容や利用する上での注意点、一から論文を英語翻訳することで、どのようなメリットがあるのか?利用する前にしっかり確認しておきましょう。

専門家が翻訳を行うため執筆者の負担軽減につながる

論文を英語で制作するには時間がかかるもの。特に日本人の英語力は国際化が進んだ現在でもネイティヴとは程遠いのが現状であり、海外メディアに論文を掲載してもらうためには大きな壁となってしまいます。英語論文の翻訳サービスは、制作した論文をネイティヴな英語に変換してもらえる画期的なサービスであり、論文執筆者の負担を大きく軽減することができます。英語能力に不安がある場合、このサービスを利用することで英語論文制作に時間を取られることなく研究や他の作業に時間を当てることができます。

また、担当するのはその論文のジャンルの専門家であるため、安心して原稿を任せることができます。専門分野の論文を日本語から英語へと変換することは難しい場合も多くあります。専門用語など、通常の辞書には載っていないことも多く、そのため専門的なスタッフでなければ、学術的な論文に対し適切な対応は困難になります。

対応スタッフがその分野の修士や博士号を取得していることも多く、論文の高度な翻訳にも適切に対応してもらうことができます。また、サービスを提供している業者は適切な対応をするため、専門スタッフを多く動員しています。高品質を保証している業者は動員している専門家の数も多く、一つの原稿に4人体制で対応してもらえる場合もあります。複数人で対応し、しっかりチェックすることでミスを大幅に減らすことができ、文章の質を向上させることができます。英語論文制作は専門家に任せることで執筆者の負担が大きく軽減できるのです。

翻訳サービスによって細かな言い回しや理解しやすい文章へと変わる

自身で英語論文制作を行った場合、英語を得意としていなければ適切な単語、文章構成の選択を誤る可能性が多くなります。翻訳サービスではその分野の専門家というだけでなく、論文制作のエキスパートに原稿を担当してもらえるため、適切な英語文章の選択を行ってくれます。自身で制作した時、読んだ人にしっかり伝わっているか、細かい部分の言い回しが適切であるかどうか、わからないことも多いと思います。

海外の方にも伝わるネイティヴな文章と構成を、このサービスでは行っており、自身で制作した時よりも多くの方の目に留まりやすい文章へと変えることができるのです。論文において、少しのミスがあったり適切な文章でなければ、稚拙な論文とされてしまい、読むに値しないと判断されてしまいます。

また、英語は世界共通語となっていますが、論文を発表する国によって表現が異なることもあります。日本では良いとされる表現でも別の国では倫理的に禁止されてる場合もあり、細かな言い回しには十分注意しなければなりません。しかし、自身のみで論文を制作している際に、そういった表現を理解せずに制作している可能性も大いにあり、論文の質を下げてしまうこともあります。

その国の禁止されている表現をすべて把握することは難しく、安心して論文を海外へと発表するには、サービスを利用しこういったリスクを避けることが必要です。翻訳サービスではその国の表現を理解したスタッフが対応してくれるため、どの国でも通用する論文へと変えることができるのです。

英文翻訳を利用する上で気をつけておきたいこと

便利で安心できる翻訳サービスですが、制作した論文すべてを依頼すると費用が多く掛かる点に注意しなければなりません。多くの文章を依頼すればするほど費用は多くなり、すべて一から対応してもらうと数百万円する場合もあります。費用のことを考えると、サービスを利用する際には必要箇所のみを依頼することが重要になってきます。その他の文章の翻訳はできる限り自身で行うことも必要となってきます。

また、依頼する際には対応スタッフが作業しやすいように論文をチェックしておくことも大切です。誤字や文章の構成のチェック、その文章がしっかり意味を成して対応スタッフに伝わっているかどうかが作業スムーズに大きく関わってきます。英語は日本語と文法も異なるため、主語や述語、目的語など英語の文章に必須のものは明確に表記するようにしておきましょう。

自身の希望する日程で納品してほしい場合、依頼する前に自身の論文をチェックし、訂正するべき箇所はしっかり直しておきましょう。また、翻訳しやすい日本語というものも理解しておく必要があります。依頼する際には、対応スタッフが英語にしやすい日本語の文章にしておくこともスムーズな作業に必要不可欠です。

依頼する際には気を付けておかなければならないことは他にもあり、対応してほしい論文と依頼する業者の専門分野が一致しているかどうかも事前に確認しておく必要があります。自身の制作した論文が医学であるのに、別の分野の業者に依頼してしまうと最適な文章への変更が困難になってしまいます。そのため、その業者がどういった分野に対応しているか確認しておくことが大切です。

まとめ

自身で制作することが難しい英文はサービスを提供している業者に依頼することで解決することができます。論文すべてを翻訳するには費用が多く掛かるため、必要箇所を明確にしてから依頼するようにしましょう。また、対応スタッフが英語に変更しやすいように誤字や文章の構成に気を付ける必要もあります。

英語と日本語の文法の違いなどもしっかり理解しておくことで、対応スタッフの作業をスムーズにすることが可能となります。依頼する際に論文と業者が対応している分野が一致しているかの確認も怠らないようにしましょう。注意点をしっかり踏まえてより良いサービスを受けられるようにしましょう。

TOPへ戻る