あると安心な英文校正のアフターフォローとその内容

英文論文では何度も入念にチェックすることが高品質な論文に仕上げることに繋がります。納品した後も何度も再校正できるようなアフターフォローが実施している業者も多く、依頼者が納得いくまで論文と向き合ってくれます。内容は業者によっても異なるため、確認してから校正業者に依頼するとよいでしょう。アフターフォローが受けられる英文校正業者のメリットなどご説明します。

英文校正サービスではどんなアフターフォローが受けられる?

校正業者を選ぶ際にはアフターフォローの内容を確認しておくことが重要です。研究論文を英語で制作する場合、何度も入念にチェックすることが高品質な論文に仕上げることに繋がるため、納品後も再校正を行えるサービスが付いていると安心を得ることができます。一度の確認では間違いを見落とす可能性もあり、また納得いく校正でなかった場合に再度対応してもらえることは、一人で論文制作を行うよりも心強く感じることができます。

再校正の回数や期間は業者ごとに異なりますが、このサービスはよりよい論文制作に大いに役立ちます。期間中であれば何度も再校正を受け付けているというサービスを行っている業者が多く、疑問点がある場合は利用しておくことがお得です。アフターサービスには質問を受け付けていることもあり、校正後の疑問点などに細かく答えてくれます。何故その部分を修正するべきなのか?修正した場合に自分の意図したものと異なってしまうのではないか?そういった疑問にも親身になって答えてくれます。

納品後、問題点が浮上した場合も新たな要望を受け付けてくれる業者もあり、その要望通りに再度校正してもらうこともできます。また、校正者の指摘箇所に沿って修正した後の論文の確認も行ってくれる業者もあります。校正者が指摘した通りに修正できているか、修正したことで新たな間違いが出てきていないかなど、再度適した論文に仕上がっているか、最終確認を行ってもらうことで安心して論文を世に出すことが可能となるのです。

無料と有料のアフターフォローに見られる違い

納品後に再校正するアフターサービスでも、無料と有料では多少異なります。業者によっては料金込みで原稿の品質を保証しているところや後から有料でサービスを受けられるようになっている場合があり、元々プランに無料で再校正するサービスが付属している場合、回数や期限が付いていることが多いのが特徴です。業者によって、一ヶ月や一年間など期限には差がありますが、期間中なら無料でも再校正することができます。

ただし、期間中でも無料で再校正が行えるのは一回のみである場合が多く、それ以上の回数を再校正してほしい場合は有料となります。業者によっては無料でも期間中は無制限で対応してもらうこともでき、アフターフォローも様々です。依頼の際にプレミアムなど、料金設定が高いものを選んでおくと回数制限がない場合もあり、入念に論文をチェックしてもらいたいのであれば最初から高い料金プランで依頼しておくのもよいでしょう。

後から料金を支払うことで有料のアフターフォローを受けることもでき、納品した後に無料の再校正でも納得いかなかった場合に利用することもできます。有料のアフターフォローでは校正者への質問の際の制限がない場合もあります。ネイティヴの校正者に対して英語での質問のみ受け付けていることが基本であり、有料のサービスでは日本語の質問が可能となるのです。

業者によっては校正者への質問自体が有料になっていることもあるので注意しましょう。無料でも何度も質問することもできるなど、業者とプランによっても様々なので複数の業者を比べながら依頼する先を決めましょう。

アフターフォローが受けられる英文校正業者を選ぶべき理由

英文論文を制作する場合、アフターフォローのサービスを受けられるようにしておくことで、より質の高い論文に仕上げることが可能となります。質の高い論文に仕上げるためには入念なチェックが必要なため、再度プロに確認してもらうことが重要となるのです。再校正や品質チェックなど有料の場合もありますが、納得いくまで行うことができるアフターサービスがあることで、自身の論文に対しての自信をより一層強めることができます。

また、納品後の保証を行っている業者は、高品質な校正を提供していることの証明でもあります。最初の依頼による校正で満足させる自信があるからこそ、万が一に納得いかない場合の保証を手厚く行っています。英文校正を依頼する場合、アフターフォローが充実している業者を選ぶ理由は他にも、サービスが充実している業者は論文制作者側の目線に立っていることが多いことも特徴であるからです。

納品された後の疑問や質問を詳しく行うことができるのは、校正者がその論文に対して理解できている証拠でもあります。専門分野でも深い理解があるからこそ、納品後のサービスも充実することができるのです。また、何度も校正を依頼する場合に、以前の校正後の指示を把握した状態で新たな依頼に対応するというサービスもあります。

再び依頼した際に、以前と同じ校正者を選出してもらえ、スムーズに校正してもらえる業者もあります。今後、論文に多く携わる機会が多い方は特に、アフターサービスが充実している業者を選ぶべきと言えるでしょう。

まとめ

校正を依頼する際に、アフターサービスが充実している業者を選ぶことは、論文制作を今後頻繁に行う方には必須の事柄と言えるでしょう。再校正や校正者への質問など、納品後のサービスの充実はその業者の元々の校正能力の高さを表していると言ってもよいでしょう。一回目の校正に自信があるからこそ、アフターフォローを充実し提供することができるのです。

無料でアフターサービスを提供しているのも、万が一に一回目の校正で納得いかなかった場合の依頼者への配慮と言えるでしょう。有料でも業者によっては納得いかない場合に何割か金額返金を行っているところもあります。複数の業者が行っているアフターサービスの違いを把握し、最適な校正業者に依頼しましょう。

TOPへ戻る