英語論文の簡単に読むコツ、教えます

もしかしたら学生時代に既に経験している方もいるかもしれませんが、急に英語論文を読んでみるように言われても、何が書いてあるのかさっぱり分からない、という方が多いと思います。

英語論文を読めるようになれば他の英文もある程度は読めるようになるはずです。どのような形から入れば読みやすくなるのか、英文を読むコツをそれぞれ紹介したいと思います。

自分が読みやすいところから読む

論文というだけで、もう難しいものという先入観を持ってしまうと思います。それが全文英語となれば尚更難解度が増すでしょう。まず、分からない単語が多すぎる、英文法についても詳しくないので何を書いてあるのか分からない、単語も英文法も分からないので内容自体もさっぱり分からない、の分からないオンパレードになってしまう方も多いと思います。出来れば避けたいという心情でも、どうしても読まなければいけない状況がこの先やってくるかもしれません。どうすれば先入観なく取り組むことができるのでしょうか。

まずは自分が読めるところからピックアップしてみてください。簡単な単語などからでいいのです。論文には法則があり、大まかに分けると、序論、本論、結論の流れになります。序論は原稿全体の内容を掻い摘んで紹介する部分でもあります。序論に書いてあることだけでも理解できれば、細かいところは理解できなくとも、論文の趣旨は何となく理解できると思います。目的や大事なことはだいたい序論で語られています。まずは最初の序論の内容を中心に、読みやすい箇所を訳してみましょう。

もちろん正確である必要はありませんし、理解できないところは一旦飛ばしても構いません。まずは論文の構成を理解し、序論を中心に読んでみましょう。もし本論、結論部分のも読める箇所があれば、そちらも積極的に訳してみましょう。

そして、英文法についての基礎を勉強しましょう。主語+動詞+目的語の文法基礎です。その基礎を頭に入れながら先程訳した単語を組み合わせてみるのです。ですが、論文で使われる英文法は比較的難しく、長めのことが多いのですぐに理解するには難しいでしょう。こちらも理解できる範囲で大丈夫でしょう。

辞典は英英辞典を使おう

自力で理解できる英語の部分をピックアップできたら、次は辞書を使って本格的に調べてみましょう。使う辞書は英英辞典がおすすめです。英和辞書や和英辞書であれば学生時代に馴染みがあると思いますが、英英辞典とはどういった辞典なのでしょうか。

英英辞典とは、日本でいう国語辞典のようなものです。国語辞典は日本の単語を日本語の意味で調べる辞典です。それの海外バージョン辞典というわけです。英単語の意味を英語の定義や英語の意味で説明しているので英語の上達が早くなる辞書としても有名です。ですが、まずは英単語の意味からして分からない、という方も多いと思いますので、慣れるまでは英和辞典などと併用して使うと便利かもしれません。

英英辞典は全てが英語なので、最初うちは拒否反応が出てしまうかもしれません。確かに単語の意味を知りたいのに、さらに英語で説明されても理解できない、と思い込んでしまいがちです。残念ながら単語の意味を覚えるには暗記と慣れしかありません。意味を調べるには英和辞典が必要ですが、同時に英英辞典にはどのような書き方がされているのか確認してみると面白いかもしれません。英和辞典に日本語で説明してあることの英訳だからです。辞書を2冊同時に使いながら調べることで、次第に英語自体に慣れが出てきます。そして覚えも早くなるでしょう、そのうち英和辞典なしで調べることができるようになるはずです。

英英辞典は他にも、類似単語の意味の違いを理解できたり、文法のニュアンスがすんなり入ってきたりというメリットがあります。英語論文を読めるようになるには、やはり英語への先入観を捨てて慣れ親しむことが大切です。そのためにも、英英辞典は有効的だと言えるでしょう。

日本語に訳したら、文字に起こして整理しよう

英英辞典や英和辞典を使いながら意味を訳したら、今度は文字を並べて文章作成してみましょう。英英辞典に慣れてくると自然に英文法も身に付いてきます。複雑な文法が多いので、一度に全部というわけにはいきませんが、何となく分かるかな、くらいのニュアンス程度には理解できるようになるのではないでしょうか。

原稿の全体的な流れは後で調べるとして、まずは文字を起こして一文ずつ整理していきましょう。繋ぎ合わせたりさらに辞典を使って調べることで、何となく文章らしくなってくると思います。論文というものは、英語だろうが日本語だろうが、専門的なことを書きつづっているので基本的には難しくて当然です。日本語で書いてある論文ですら、専門用語が多すぎたり専門知識が必要とされる原稿内容では理解するのが難しいでしょう。それが英語となれば尚更難しくなってしまいます。ですので、書いてあることを100%理解する必要はないのです。

序論の部分が比較的理解しやすいとなれば、一番難しいのは本論の部分でしょう。本論は研究に至った経緯やその背景、研究方法や結果に基づく根拠など、とにかく結論に至るまでの詳細が詰まっている箇所です。序論が紹介文であれば、本論は説明文と言っていいでしょう。日本語であっても説明箇所が一番分かりにくいのは誰もが周知していると思います。ですので、本論部分についてはあまり根を詰めずに、ポイントとして重要なところを抑えておけば問題ないと思います。

そして最後の結論部分ですが、こちらは本論の内容ほど複雑ではありません。過程を経て出た結果論を書いている場所なので序論と同様に分かりやすい箇所だと思います。堂々とおすすめできることではありませんが、論文の内容が理解できない時は先に結論部分を読んでみると少しは理解できるかもしれません。

まとめ

結局のところ、英語は慣れです。たくさんの英文、英論文をこなしていくことで次第に慣れてきます。英英辞典を活用することも慣れへの近道なのでおすすめです。まずは自分の力で読めるところを訳してみて、その後は辞典に頼ってみる、その調べ方を繰り返すうちにいつの間にか英語が自分の中に浸透してくるはずです。

TOPへ戻る