英文校正を日本人に頼むメリット

英文校正はネイティブスピーカーにお願いすれば、素早く正確に行ってもらえるという考え方は、間違いではありません。しかし、一方で日本人の校正者にお願いする方も多くいらっしゃいます。わざわざ日本人にお願いするのには、当然理由があるはずです。双方のメリットを把握しておくことで、よりスムーズに依頼することが可能となります。どこに依頼するか迷っていらっしゃる方は、ぜひご一読ください。

英文校正は日本人の方が良い?

では、最初に日本人に校正をお願いすることのメリットについて考えてみます。メリットは大きく分けて3つあります。まず最初に挙げられるのは、依頼のしやすさです。当然、交渉は日本語で行えますから、こちらの要望も伝えやすく、何かあった場合もすぐに伝えられるという利点があります。もし依頼先がネイティブの講師だった場合は、かなりの英会話力が備わった人が社内にいないと、要望も伝わりにくく、納期が遅れてしまう恐れがあります。必死にこちらの要望を伝えようとしてもちぐはぐな会話が続き、結局何も伝えられなかったとしたら、時間と経費の無駄になってしまいます。さらに、万が一トラブルがあった場合は、万事休すということにもなりかねません。

次に挙げられるのは、日本語ならではの微妙なニュアンスが英文で表現されているのかを確認してもらうには、やはり日本人の校正者が適切だと言うことです。日本語をそのまま機械的に英文に訳してしまうと、日本語ならではの独特の言い回しが伝わらない場合が多々あります。こちらの思いを汲み取って、それが正しく表現されているかどうかをチェックしてもらうには、やはりネイティブの方よりも日本人の校正者が的確だと言えるのではないでしょうか。そして3つ目のメリットとしては、時差が挙げられます。外国の校正会社にお願いした場合、時差の関係によって納期が遅れる懸念があります。

ですから、外国の会社に緊急性の高い案件をお願いする際は、十分な注意が必要です。また、一概には言えませんが、就業時間内が過ぎても対応していただけるのは、やはり日本人の方ではないでしょうか。これらの理由により、日本人講師に校正をお願いする方が多いと言えます。

日本人講師を選ぶべき人に見られる特徴

次に、日本人講師をお願いする方の特徴について見ていきましょう。先ほどご説明した通り、ネイティブの方にお願いするには、相当の英会話のスキルが必要です。ですから、英会話は苦手、外国人にコンプレックスがあるという方は、日本人講師にお願いされる方がよいでしょう。

次に、微妙な日本語のニュアンスを大切にしたいという方も、日本人講師をおすすめします。英文校正の仕事は、文法や単語のスペルなどのチェックが主ですが、内容面も見てほしいという場合は、オプションでお願いできる場合があります。その場合は、日本語にも英語にも精通した方であれば申し分ありません。また、私たちが間違いやすい英文法や英単語をよく理解していますので、文法や単語に自信がないという方にも、おすすめです。さらに、こちらの納期に柔軟に対応してもらえる場合が多くありますから、校正が短期間に終了するというメリットもありますので、急ぎの案件を抱えている方にも、おすすめだと言えます。逆に、英会話や文法に自信があり、かなりの英語スキルを有している方、あるいは「何度も見直しをしたので間違いはないと思うが、最終チェックをしてほしい」という方は、ネイティブの講師にお願いすると良いでしょう。さらに、料金面で見ると日本人講師に校正をお願いする方が割安な場合が多いようです。

ただし、これは納期や付加サービスによっても変わりますので、詳しくは比較サイトなどでチェックしてみることをおすすめします。どちらの講師が良くて、どちらが悪いということはありません。校正をお願いする側がどの程度の英会話力やスキルを有しているのか、納期はいつなのかによって選んでいくと良いでしょう。

講師と合わない場合は変えてみるのもアリ

最後に、校正者がどうも合わないと感じた場合の対処法についてご説明します。校正者も人間ですから、あなたと相性が合わないという場合も考えられます。話がかみ合わないことが多い、あるいは単純に「あの講師とは、どうも性格が合わなさそうだ」と感じてしまうこともあるかもしれません。また、それ以外にも英文校正のスキルが不十分な気がする、またはこちらの要望を汲み取ってもらえないなど、相性以前に講師の質という問題もあります。

つい「一度お願いした人を変えるのは何だか申し訳ない」などと思ってしまいがちですが、こちらがお金を支払って依頼しているわけですから、遠慮せずに講師のチェンジをお願いしてください。交代した方が相性ピッタリの方であれば、あなたの会社にとってもメリットが大きいですから、今後も引き続きお願いしたいと考えることでしょう。また、継続的に校正をお願いしてくれるクライアントを持つことは、相手の校正会社にとっても、収益アップにつながるはずです。同じ校正会社だったとしても、校正者は一人ひとり個性もスキルも違いますから、校正会社を変える前に、交代を申し出てみてください。その際、露骨に嫌な顔をされたり、講師の交代は出来ないと言われたり、交代料金や追加料金が発生すると言われたりした場合は、思い切って他の校正会社にお願いする方がいいかもしれません。

そりの合わない、あるいはスキルに疑問がある校正者の方と無理にお付き合いしても、なにもメリットは生まれないでしょう。むしろ、校正をお願いする度にストレスが溜まって、健康にも良くありません。あなたやあなたの会社にとって最高の英文校正者に出会えることを心からお祈りしています。

まとめ

日本人講師を選ぶメリットや、校正者の交代について見てきましたが、いかがでしたか。講師が日本人だからといって校正に問題があるということは決してありません。また、ネイティブの講師だから安心ということもありません。豊富な経験と高いスキルを有した優秀な日本人の講師もたくさんいらっしゃいます。しかし、中には相性が合わない方もいることでしょう。そのような場合は、ためらうことなく交代をしてみることをお勧めします。

TOPへ戻る