英文校正のプロフェッショナルになりたい!必要な資格は?

仕事としても英文校正の難しさを簡単にまとめてみました。英文の校正ができればかっこいいですよね。しかし、ただ単に英語を話すことができるだけでは務まらない仕事でもあります。そこで、ここではプロの校正者になるために必要なスキルや資格、プロフェッショナルとして保っていかなければいけない心構えなどを一緒に勉強していきましょう。ぜひ、英文校正者となるための参考にしてみてくださいね。

英文校正に資格は必要?

勉強や仕事、研究論文などに便利な英文校正サービスですが、英文校正者に必要な資格はあるのでしょうか?結論から申し上げますと、実は特に資格は必要ありません。ですので、校正の仕事を始めようと思えば資格などなくても始めることは可能なのです。しかし、当然のことではありますが、仕事として始めてしまうと、英語の知識、語彙力、学術論文や医学論文などに対応できる専門知識などさまざまな高度なスキルを要求されます。

ただ、「英語が得意」というレベルではとても対応することができません。また、英語だけではなく、校正自体にも精通していなければならないのも難しいところではないでしょうか。校正記号などを駆使して校正行うことができ、尚且つネイティブレベルの英語力を持っていて、各分野の専門知識も身につけなければいけないとなると、資格を取得するよりもハードルが高いかもしれません。

資格の種類

上でも申し上げた通り、仕事として英文校正を行うために、絶対に必要な資格というものはありません。ただし、多くの英文校正のプロフェッショナルが持っているものはあり、それを取得していることで依頼者の信頼が得られる可能性の高いものは多くあります。校正会社によって、得意とする分野があることが多いので、働きたい会社の得意とする分野に関する資格を持っていると良いと思います。

当然、英語関連の資格も持っておくと損はないですよね。英語関連のものはさまざまありますが、特に国際的な資格を持っているとお客様が安心して依頼できるのではないでしょうか。英文校正サービスはほとんどの場合が実際にお客様と会う訳ではありませんので、プロフィールに記載してある資格は信頼してもらえるかどうかの重要なポイントとなります。

プロになるための心構え

プロフェッショナルとして英文校正の仕事をしていくことはとても大変なことです。特に英語を母国語として育ってきていない方にはとても困難な道かもしれません。なぜなら、ほとんどの会社がネイティブの講師を使い、利用者もネイティブという響きだけで安心するからです。実際問題として、ネイティブでなければ完璧に近い英文校正は難しいでしょう。

もし、英語を母国語としない方がプロフェッショナルとして英文校正していきたいのならば、目標としてネイティブと同じになるのではなく、ネイティブの方が利用してもストレスなくわかりやすく読めるような校正を目指してください。そのためには英語関連の知識だけではなく校正の知識や各分野の専門知識が必要となり、決して簡単なことではありません。しかし、実際に活躍されている方も多くいますので、ぜひ全力でチャレンジしてみていただきたいです。

まとめ

英文校正を仕事として行うことに資格は必要ありませんが、プロフェッショナルとなるにはとても高いハードルだと思います。特に英語を母国語としていない日本人には簡単なことだとはとても言えません。しかし、難しいからこそのやりがいが、そこには必ずあるはずです。

今回は、さまざまな英文校正のお仕事の顔を見てみましたが、とても大変であることがわかったと思います。けれども、日本人であっても無理なことでは決してありません。難しくても諦めずに頑張っていきましょう。

TOPへ戻る