品質の高い英文校正会社の見極め方

英文校正会社の中でも無料や格安で利用できるものや、スピード重視のものまでさまざまあります。その中で、高品質なものを確実に提供してくれるサービスはどのくらいあるのでしょうか?とても便利なサービスばかりですが、より便利で有効に活用していくために知識を深めていきましょう。どこまで高品質なものを求めるのかなど人によって違うと思いますので自分に合ったものを選択していきたいですね。

料金は高ければ安心?

英文校正会社を利用する時に、当然料金も選ぶ際のポイントとなると思います。品質を最優先した場合、金額設定が高いと安心してしまいがちではないでしょうか?実は、一番重要視していただきたいのは、料金が高いか安いかではなく、その英文校正サービスの料金システムがしっかりとわかりやすく掲載されているかどうかです。

料金システムを充分に理解した上で支払う料金であれば、高くても安くても品質にはあまり関係ありません。高額だからと言って必ずしも高品質のものが納品されるとは限りませんし、安いからと言って全てに問題があるわけではないのです。自分や状況に合っているサービスかどうかは利用してみないとわからないことではありますが、前提として安心して依頼できるかどうかの判断は金額だけではしないようにしてください。

納品までのスピード

試験勉強や急ぎの仕事などの場合、納期はとても重要ですよね。最近では、ほとんどの英文校正会社がスピード納品を掲げていて、24時間以内に納品されることも珍しくはなくなってきています。もちろん、急いでいない時であっても遅いよりは早いほうが良いに決まっています。ただし、品質を最優先する場合にはあまりに早い納期は注意が必要です。

ほとんどの会社はスピード納品であっても上手くシステムを作って品質には問題ないとは思います。ですが、中にはスピード重視で添削を怠り、低品質なものが納品され、結果的に修正作業に多くの時間を費やしてしまうということがあるのも事実です。確実に高品質のものを求めるのならば、ある程度納期に余裕のあるサービスを選んだほうが無難なのではないでしょうか。修正を繰り返す結果になるよりも効率的に作業が進むかもしれません。

ネイティブな翻訳者

どんな目的で英文校正サービスを利用するかにもよりますが、校正を行う翻訳者がどのような実績や経歴を持っていて、実力はどの程度なのかを知っておくことは大切です。当然ネイティブであるかどうかも重要ですが、それだけではなく、サービスを利用する目的に十分な対応が可能なのかをしっかりと確認しましょう。

例えば、試験勉強などでしたらネイティブであれば問題ないと思いますが、専門性の高い論文ではその分野の専門知識も必要になります。つまり、ただ英語を母国語としているだけでは対応しきれない可能性があるのです。また、優秀な翻訳者を見つけることができたら、次回以降に指名して担当してもらえるのかも確認したほうが良いかもしれません。なぜなら、同じ実力であっても前回担当してもらった方に続けて担当してもらったほうが無駄な説明をしなくて済む可能性が大きいからです。

まとめ

今回は、品質に重点を置いた英文校正会社の見極め方を見ていきました。利用する状況によって何を重視したいのかは違いますよね。なるべく安く抑えたい場合もあるでしょうし、緊急性の高いものですとスピード重視となります。全て大切な条件ではありますので、状況に合わせて上手くバランスの取れるサービスを探すようにしてください。

とは言え、品質が悪いといくら安く早くても、修正をしなければならない状況に陥りやすくなります。その場合、さらにお金と時間を費やすことにもなりかねませんので、品質は一番重要と考えておきましょう。

TOPへ戻る