無料英文チェックサイトを8選で紹介!特徴や選定ポイントを解説します

公開日:2022.09.14

学校の課題や論文を英語で書かないといけない方や、仕事で英文メールを送ろうとしている方など、英文チェックサービスを探している方も多いのではないでしょうか。
知人や学校の先生に添削を依頼することもできますが、よりスピーディーで手軽に添削サービスを受けたい方は 無料英文チェックサイトを利用しましょう。
本記事では、無料英文チェックサイトを8選で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 

英文チェックは無料でできる?

英文チェックは無料でできるのでしょうか?結論から述べると、現在はインターネットで様々な英文チェックサイトが公開されており、無料で英文チェックを受けられます。
「英文チェックサービスを気軽に利用したい」「学生でお金をかけたくない」という方も多く、無料の英文チェックサイトへのニーズが高まっています。

また、インターネットだけでなくても、英語が堪能な知人や学校の先生に添削を依頼するなどの方法も挙げられるでしょう。
次章で、英文チェックを無料で行う方法について詳しく確認しましょう。

英文チェックを無料でする方法

英文チェックを無料で行うにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、 英文チェックを無料でする方法を紹介します。

英文チェックサイトを利用する

無料で英文チェックを行う代表例として、英文チェックサイトを利用する方法が挙げられます。
英文チェックサイトとは、ボタンひとつクリックするだけで、瞬時に校正してくれるサイトのことです。

例えば、1CheckerやGrammarly、Ginger、PaperRaterなどのWebサイトが英文チェックサイトとして利用されています。
無料の英文チェックサイトを利用する場合、コストがかからないだけでなく、スピーディーに英文添削を完了させられるので、時間がない方にも人気です。

英語が得意な友人に頼む

英語が得意な友人に英文をチェックしてもらう方法があります。
留学経験者や帰国子女など、英語に慣れている友人がいれば、無料で添削を引き受けてくれる可能性が高いです。

しかし、英文添削のプロではないので、完全にカバーしきれないだけでなく、友人に依頼する際に気を遣う必要があります。
特に文章量が多い論文などの場合は、チェックするのに時間がかかるため、友人に頼みにくいのが実情です。
ちょっとした英文を確認してもらう程度の場合に、英語が得意な友人に頼むとよいでしょう。

学校の先生に頼む

大学の教授や英語の担当教員など、学校の先生にチェックしてもらう方法もあります。
友人に依頼するよりもさらに気を遣う必要がありますが、普段から英文に慣れている先生であれば、漏れなくチェックしてもらえる可能性があります。

ただし、先生の英語スキルによって仕上がりにバラつきがある点が懸念です。
英語の先生の中には、英文チェックに慣れていない方も存在しますので、英語力の信頼度が高い先生や、海外経験のある先生に依頼することをおすすめします。

英文チェックサイト8選

英文チェックサイトはどのように選べばいいのでしょうか?ここでは、 おすすめの英文チェックサイトを8選で紹介します。

1Checker(ワンチェッカー)


1Checker(ワンチェッカー)は、ケンブリッジ大学のチームが開発した英文チェックサービスで、AI技術や自然言語処理技術によって、言語の複雑に対応するサービスを実現しました。
チームが独自に開発した技術を活用しており、他の無料英文チェックサイトとは違って、宣伝や広告などを出さずにボキャブラリーや文法のミスをチェックしてもらえます。

また、6週間ごとにサービスのアップデートを実施しており、ユーザーが使いやすいプラットフォームを目指しています。ブラウザ上だけでなく、Windows(ウインドウズ)とMac(マック)にもアプリ対応が可能です。

Grammarly(グラマリー)


Grammarly(グラマリー)は、文法やスペリングだけでなく、文体や文章の調子まで包括的なチェックを可能にする英文チェックサイトです。
GMAILやAPPLE MAIL、OUTLOOK(アウトルック)、SLACK(スラック)などのメッセージ・メールから、Googleドキュメントやワード、Salesforce(セールスフォース)などのドキュメント、さらにTwitterやFacebook、LINKEDIN(リンクトイン)、Discord(ディスコード)などのSNSと、幅広い媒体に対応しています。

ニューヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナル、USAトゥデイなどのメディアでも取り上げられるなど、話題を集めているサイトです。

Ginger(ジンジャー)


Ginger(ジンジャー)は、英文のビジネスメールなど、校正や翻訳をワンクリックで実行する英文チェックサイトで、App StoreやGoogle Playからアプリをダウンロードできます。
ネイティブが使用するオンライン上の1.5兆もの英語フレーズを独自分析し、データに基づいた自然な英語で添削をしてもらえます。

英文校正以外にも、類語検索や復習機能、お気に入り、辞書など8種類にわたる機能もあり、利便性が高く、これらのツールを使用することで英語力を伸ばすこともできます。

PaperRater(ペーパーレーター)


PaperRater(ペーパーレーター)とは、ダウンロードを必要としない文法・スペリングのチェックツールです。
英文のライティング技術を向上させるために、改善案を提案する機能をもち、完成度の高い文章を目指すことが可能。
入力した文章と100億に及ぶテキストデータを瞬時に比較することで、文法やスペルのミスを見つけます。

ダウンロードだけでなく、アカウント作成等も必要ないので、ログインやサインアップをしなくてもすぐに利用可能です。
気軽に使えるツールなので、140ヶ国以上の学生から毎日利用されています。

Reverso(リバーソー)


Reverso(リバーソー)とは、動詞や主語、前置詞の間違い、スペルが似ている言葉など、様々な間違いを取り除く英文チェックサイトです。
類義語や頻出語を提案する機能も完備しており、単語をクリックすると類義語や頻出語が表示されるので、文章にマッチする言葉を選ぶことができます。

広告表示もなく、ストレスフリーな環境で英文チェックが可能なこともうれしいポイント。
正確性とスピードに優れた英文チェックツールを探している方におすすめします。

SpellCheckPlus(スペルチェックプラス)


SpellCheckPlus(スペルチェックプラス)とは、Nadaclair Language Technologies(ナダクレール・ラングエッジ・テクノロジーズ)社が運営する英文チェックサイトです。
ユーザーが入力した文章を分析し、エラーに関する豊富な情報を提供します。
似たような発音の言葉の間違いや、言葉の誤用、大文字・小文字の間違い、文法ミスなど、あらゆる構成に対応しています。

使用方法はいたってシンプルで、チェックしたい文章をコピー・貼り付けして、「Check Text(文章をチェック)」をワンクリックするだけで完了です。

GrammarCheck(グラマーチェック)


GrammarCheck(グラマーチェック)とは、タイで英語の教師を務めるJennifer氏によって開発された英文チェックサイトです。
プログラマーである夫の協力のもと、文法とスペリングをチェックできるサービスを完成させました。

英文チェックしたい文章をコピー&ペーストするだけで、簡単に文章の間違いを確認することができます。
入力した文章はデータとして保存されないので、社外秘など情報の管理に気を遣うような英文のチェックの際も安心。
同サービスはブログも公開しており、英文やエッセイなどを書く際のお役立ち情報を確認できます。

LanguageTool(ラングエッジツール)


LanguageTool(ラングエッジツール)とは、文法やスペルなどの間違いを確認するために世界中のユーザーから利用されている英文チェックサイト。
Am
azonやDER SPIEGEL(デア・シュピーゲル)、Blinkist(ブリンキスト)などの企業にも活用されています。

無料でアカウントを作成することができ、Google Chromeにも無料で追加することが可能、有料プランにアップグレードすることで、より長い英文もチェックしてもらえます。
個人向けだけでなく、チーム向けのプランもあるので、複数人で使用できるツールをお探しの方にもおすすめです。

まとめ

今回の記事では、英文チェックにコストをかけたくないという方に向けて、無料英文チェックサイトを8選で紹介しました。英文チェックサイト以外に、英語が得意な友人や学校の先生に依頼する方法がありますが、気軽に英文チェックをしたい方は無料サイトの利用をおすすめします。英文チェックサイトによって特徴やメリット・デメリットが異なるので、それぞれのツールを比較して最適なものを選びましょう。無料ツールだけでは不安という方は、英文添削の業者を利用することをおすすめします。プロによってチェックしてもらえるので、精度の高い英文を目指せます。

TOPへ戻る