物理学の英文校正ができる会社を比較

物理学に関しての研究成果を論文にし、その内容を投稿する場合には、その論文を投稿するにふさわしい場所が必要です。長年続けた研究成果を多くの人の目に見てもらいたいからこそ、英文への翻訳やその文章内容の校正は、必要不可欠と言えます。そして、こうした物理学に詳しい英文校正を行える企業は、複数存在しています。その企業の特徴を把握して依頼すれば、結果として得られる効果は絶大な場合もあります。そんな企業を比較してみましょう。

ルシーダ・サイエンス・コミュニケーションズの特徴と校正料金

物理学研究では、参考文献も多くなるものです。そして研究に関してよくあることとしては、大切なのは重々承知しているのに、参考文献のチェックミスが起こり得るということでしょう。ルシーダ・サイエンス・コミュニケーションズの特徴として、全体の校正をおこなうというところにあります。論文や投稿記事の内容はもちろんですが、それだけにとどまらず、参考文献のチェックまで行っているというところが同社の魅力です。

参考文献に関しては、ミスがあるとその研究成果自体さえ問題視されてしまう程の大きな事象であるにもかかわらず、どうしてもミスが起きてしまいがちなところでもあります。軽んじているわけではないのだが、チェック漏れだったり、重複していたりといった小さなミスが大きな結果につながってしまいます。そしてそのミスは発覚すると取り返しのつかないことになってしまう場合もあります。そこまで重要な参考文献のチェックを英文校正と共に行っているのがルシーダ・サイエンス・コミュニケーションズなのです。

そして料金に関しても安心感があるのが特徴です。物理学の論文や記事は、表現が繊細です。端的にまとめ、恣意が入り込まないような表現に努めているにもかかわらず、上手くいかないことも多いです。また研究成果を発表することに気持ちが入り込んでしまえば、その努力の成果を記載してしまいたくなるのも人情といえるでしょう。しかしこうした部分が入り込むと長くて読みづらい。そのうえ論文自体が膨大になり、校正を依頼すると金額も高価になってしまいがちです。

ルシーダ・サイエンス・コミュニケーションズでは論文や記事の校正を行う中での見積もりを提示しています。ですから依頼者が安心できるというわけです。だからこそリピート率も高いというところでしょう。

uni-editの特徴と校正料金

今現在も現役活躍中の高名な研究者から好評を得ている英文校正の会社がuni-editです。その理由はまず、英文能力の高さにあります。ネイティブな専門士によって行われる翻訳や校正は、日本語の表現を上手に生かした手法です。日本語を英語に翻訳する場合には、日本語の繊細な表現を上手に生かす必要が生じます。さらに日本語は端的に見えつつ、その言葉が伝える表現はふくらみがあり、多言語に変換する場合にはたいへんやっかいなところにもなりえるのです。そのため日本語を他言語に変換するのは大変な苦労が伴います。

物理学の場合にはこうした苦労にプラスアルファで、専門用語に長けている必要が生じます。というのもこの分野は繊細な部門であるため、表現を行うのに文章だけでは難しく、グラフや表を用いています。文章と表やグラフ、この両方に齟齬があっては、意味が通じなくなります。ですからどちらにも配慮をしつつ表現方法を日本語の意味合いから遠ざけずに変換する必要があるのです。

uni-editでは、こうした分野に長けたものによる校正を行っています。物理学はどんな小さな記事にも注意をしていないと重複してしまう可能性もあります。そしてまた研究内容に漏れやミスが生じていたら、発表内容を変更することも必要となるなど細やかさが大変必要となります。この点もuni-editではつねにチェックを欠かさず、ユーザーが安心して投稿できるよう細心の注意を払っています。

また料金に関してもユーザーへの配慮を欠かしていません。事前に論文の種類によって金額の見積もりを提示しています。さらに通常の標準サービスだけでなく、少し急いでいるという方なら特急サービスを、さらに大急ぎの方には超特急サービスも用意しているなど、まさに研究者の欲しいところに存在しているというのがuni-editなのです。

英語エキスパートの特徴と校正料金

物理学の記事や論文を作成する場合に、対象に沿うような形式で文章を作ることは大変重要で、最も求められることでしょう。でもこれが意外に難しい。研究内容は目の前に明確にあるが、表現の如何ではその成果を上手に伝えられない可能性も出てしまいます。気を配れば配る程、上手く表現できないこともあるでしょう。

英語エキスパートではこうした問題を的確に解決する術を持っています。投稿するジャーナルに合わせて文章のフォーマットも可能なのです。それは多くの専門誌や情報に常に目を光らせているからです。とくに日々変化する最新の研究内容は、逃してしまうと自分の研究成果を発表する機会を失うほど、鋭敏な感覚でアンテナを張ってる必要があるところです。

英語エキスパートでは、こうした鋭敏な感覚を常に持ち、依頼者の記事をしっかりチェックしています。そして、単なる英文校正に留まらず、その表現方法に助言を加えたり、文章構成のアドバイスをすることもできます。もちろん文章に貼付する図やグラフ、文献のチェックも可能です。

英語エキスパートは料金設定も明確です。通常校正を依頼する場合にはノーマルとしてのプランで受け付けていますが、その中でもスタンダード、クイック、アージェントなどサービス展開をしており、それぞれ単語ごとに料金を設定しています。そのうえプレミアムプランも設定されており、こちらも同様にスタンダードからアージェントサービスまで展開しています。いずれも金額が明確ですから、不安なく依頼することができ、更に内容に関して再校正を依頼することも可能であるなど、依頼者の欲しいところにサービスが行き届いています。納期の目安が設定されているうえ、見積もりも行ってくれるなど、安心して依頼できる企業といえます。

まとめ

物理学部門の記事や論文は、その道に精通したものでなければ研究の良さや重要性を理解しがたいところでしょう。であるからこそ、その記事の内容の重要度を把握し、しっかりと表現方法を検討してくれる良心的な企業が必要になります。ユーザー側も研究内容を踏まえ、自分たちの希望に沿う英文校正を行える企業であるかをしっかり吟味する必要性もあります。複数の企業を比較して、その特徴を吟味し、自分の好みに合った企業を選ぶことが重要です。

TOPへ戻る