英文校正を利用するなら高品質を保証する業者を利用しよう!

日本語や英語に関わらず、論文の質を向上させるためには入念なチェックが必要ですが、自分一人の確認では足りないことも大いにあります。英文校正を利用することで、スペルミスなどの些細なミスを防ぐことができます。しかし、校正業者も高品質な校正サービスで信頼の置ける業者に依頼することが重要になります。品質が異なれば、サービス内容や費用などはどのように違ってくるのでしょうか?

高品質な英文校正とは具体的にどんなサービス?

論文の質を向上させるためには、何度も原稿を確認することが必要です。しかし、一人でチェックするには限界があり、英文校正サービスで入念なチェックを行ってもらうことで些細なミスをなくすことができます。高品質なサービスを提供してくれる業者では、常に二人体制で原稿をチェックしており、もし一人が間違いを見落としてしまった場合でも、再び確認して見つけることができます。単純なスペルミスの発見から文章の構成まで厳しい目で確認してくれます。

また、提出された論文のジャンルを適切に判断し、校正者を選出します。そのジャンルを網羅したプロの校正者は、原稿を深く理解することができるため、適切な校正を行うことができるのです。高品質な校正業者ではジャンルも幅広く取り扱っており、医療関連から経済学など高度で専門的な論文も扱ってくれます。

辞書に載っていない、専門的な知識がないとわからない用語もプロの校正者が適切に確認してくれるのです。また、品質保証を行っている業者では、再校正できるサービスが付属していることが多く、一度校正した原稿に納得がいかない場合、無料で何度も校正し直してもらえるのです。

ただし、プレミアムといった特定のプランを依頼している、一年間のみ再校正できるなどの条件付きであるケースが多いです。条件付きではありますが、何度も校正することで論文の質を向上させることが可能となります。また、世界基準を考慮した校正を行ってくれるため、膨大な数の研究論文の中でも埋もれることのない論文構成に仕上げてくれます。

品質による費用に違いはある?

校正の費用は、サービス、プランの違いによっても異なります。通常校正は一単語数十円単位で論文の文字数と計算して料金を出します。納期によっても単価は異なり、当日に依頼してその日の内に校正を完了してほしい場合、値段は通常より少し上がります。当日の場合、迅速な対応を行うためにいくつか条件や制限がかかる場合もあります。スキルの高い業者では当日でも迅速かつ質の良い校正を行ってくれるのが特徴です。高い品質を保証してくれる上級のサービスでは一単語が約20円程する場合もあり、上級の場合スペルチェックや文法確認だけでなく、その分野に適した語調、論理的な論文の構造、表現をより明確にするなどのサービスを行ってくれます。

また、論文の質を向上させるためには繰り返しの入念なチェックが必要不可欠なため、プレミアムプランなど少し費用の高いプランでは無料で何度も再校正できるなどの特典が付いていることがあります。質の高い校正を行ってくれる業者は一度の校正で出版レベルの論文に仕上げてくれますが、万一の保証として再校正できるシステムを組み込んでいます。

疑問点を校正者に質問できるサービスも上級サービスでは基本として組み込まれていることも多く、依頼した後の不安を取り除くこともできます。その分費用もかかりますが、割引サービスの実施も行っている場合もあり、文字数の多い論文を制作している方にも利用しやすいように工夫されています。

原稿の数が多くなればなるほど費用はかかるものですが、業者が提供している一年プランなど使用することでよりお得に上級サービスを受けることも可能です。

高品質な英文校正サービスを提供している業者の特徴と対応

良いサービスを行っている業者は確かな実績と信頼があり、評価が高いことも特徴ですが、そういったサービスを提供している業者は論文制作を行っている研究者目線で対応してくれます。校正するべき論文と同じ分野を学んだプロのスタッフが担当し、専門的な分野でも迅速に対応してくれます。

英文校正は、専門分野への深い理解に加え、ネイティヴに校正できる確かな技術が必要不可欠なため、校正者がその道に詳しいプロであるか、英語がネイティヴであることがサイトに記載されているか確認することが重要になってきます。また、校正には複数人の目でしっかり確認する必要があり、良いサービスを提供してくれる業者は必ず二人体制で行っていることも特徴の一つです。

スタンダードやプレミアムといったプランが選べるようになっていたり、依頼者の目線に立ったお得なサービスが提供されているかどうかも業者を選ぶ際の判断基準となります。無料で再校正できることも重要で、納得いくまで何度も対応を行ってくれるか、そういった部分を確認することも良い業者を見つけることに繋がります。

また、質問が気軽に行えるようになっているかどうかも重要です。依頼をして以来連絡ができない業者ではどうしても不安が付いてまわってしまいます。メールで校正者に質問ができるシステムがあることで、業者への信頼も大きくなります。その質問や要望に対して、明確に答えてくれることで、研究者も研究に集中することができるようになります。研究者の立場になって親身に対応してくれるかどうかも良い業者であるか見極める部分となるのです。

まとめ

高品質な英文校正を受けるためには業者ごとのサービス内容、費用の確認を行う必要があります。業者ごとに行っているサービス内容には多少の異なりがあり、良い業者は保証やサービスが充実していることが特徴です。費用が高い上級サービスではその付属しているサービス内容も異なるため、論文の質を向上させたい場合は、プレミアムなどの上級サービスを受けることをオススメします。良質な業者は研究者への配慮があり、割引サービスなども実施しています。依頼者目線で様々なプランを設けている業者に論文の校正を依頼することが重要です。

TOPへ戻る