格安な料金で利用できる英文校正会社

英文校正というと、あまり使い慣れない方は高額なイメージがあるかもしれません。実は、料金も特徴も校正会社それぞれに違い、きちんと考えて利用すればそれほどお金をかけなくても便利に使うことができます。

どんな状況で英文校正を使いたいかにもよりますが、学生であっても安価で幅広い活用法がありますので、校正会社の特徴とともに見ていきましょう。あまり固く考えずにまずは気軽に試してみてくださいね。

英文添削アイディー

英文添削アイディーの最大の特徴は、業界最安値と言われる格安な料金です。一回166円からという金額は学生であっても手軽に利用することができます。「学べる英語添削」と「お手軽英語添削」の2つのコースから選択することができ、自分の英語スキルの弱点をしっかりとカバーしてもらうことが可能です。

英文校正はもちろんですが、アイディーでは英作文学習にも力を入れていて、約3000ものオリジナル課題でサポートしてもらうことができます。サポートも世界中の英語のプロフェッショナルが行っていることから、利用者の評判はとても高いです。また、時差を利用しているため添削スピードは速く、24時間スピーディーに添削を行ってもらうことができますので、急いでいる場合にもとても便利です。英検などの資格試験対策も充実していますよ。

Editage

Editageの英文校正の料金は、サービス内容によって違います。決められたサービスには3つの種類がありますので、納期・予算・校正レベルに合わせてコースを選んでください。最も利用の多い、スタンダード英文校正は最低価格5円/単語からの料金で、ネイティブで博士号を持つ国際認定校正者がしっかりとチェックを行い、短期間で納品してもらうことができますので、かなりお得なのではないでしょうか。

特にこちらの会社では、論文に特化していて医学や物理、工学や人文社会学など学術論文に幅広く対応してくれますので、専門的なものでも安心してお任せすることができます。英文で論文を作成する必要のある方には、うってつけのサイトと言うことができるのではないでしょうか。ただし、どちらかと言えば上級者向けのサイトですので、基礎的な英語を学習するのにはあまり向いていないかもしれません。

Correcdocs

一般的な英文校正サービスの場合、全単語に校正料がかかってしまうことが多いですが、Correcdocsは基本料金と訂正料の合計の金額しかかかりません。基本料金は1円×全単語数(1ページあたり平均約300円から500円くらい)で、訂正料は20円×訂正箇所数(1ページあたり10から20か所の訂正で平均約200円から400円くらい)です。しかも、訂正箇所が2か所以下なら無料となっています。請求上限もありますのでどんなに直しても安心です。

ハイレベルな英語力とキャリアを持っているフィリピン人校正者が対応してくれますので、どんなにお得であっても品質は折り紙つきです。お試し無償校正サービスもあり、初回のみ5か所の訂正を無料で提供してもらうことができます。とてもお得でお試しのしやすいサイトとなっていますので、初めての方にも安心して使っていただけると思います。

まとめ

お手軽に利用することのできる英文校正会社をまとめてみました。どんなにお得な料金であっても、目的に合っていない校正会社を利用してしまうと無駄になってしまうこともありますので、注意してください。料金だけではなく、サービスの特徴をしっかりと把握してからのほうがより、有効に活用することができますよ。

なかなか使う機会のなかった方は、今回ご紹介したようなお得に利用できるサービスのものから徐々に探していってみてください。きっと自分に合ったサービスが見つかると思います。

TOPへ戻る