海外雑誌への投稿なら必須?プロによる英文校正・校閲サービス

グローバル化が進み、海外に自身の考えを発信したいと考える方も多くなっているでしょう。論文などは海外の雑誌に投稿する場合もあり、その際に作り上げた論文が適切な形になっているか確認する必要があります。ちょっとしたミスでも論文では稚拙な文章と捉えられてしまうため、大事な論文を海外の方の目の留まるようにするためには英文校正サービスを利用することが重要とされています。校正のサービスを受けることでどのようなリスクを避けることができるのでしょうか?

英文校正サービスならあらゆるカテゴリー論文構成に対応!

海外雑誌と言えど、様々なジャンルが存在しており、投稿する場合は論文構成にも注意する必要があります。医療関連、化学、経済学など、日々進化し移ろいの激しい分野においては、日々膨大な数の論文が投稿されています。その中から自身の研究論文が埋もれないようにするためには、英文の入念なチェックが必要不可欠になります。

校正サービスは様々なジャンル、形式に対応しているところもあり、専門的な用語、知識が必要なジャンルでも校正を対応してくれます。一つの単語から校正してくれるところが基本的であり、SNSに投稿をする際にも利用できます。業者によっては論文の論理的な部分まで踏み込んだ校正を行ってくれるので、文章構成に不安な方でも納得のいく仕上がりが期待できます。

学術的な論文において重要なのは、内容はもちろんですが、論文としての文章の構成と単純なスペルミスなどがないことが雑誌へ掲載してもらえる最低条件とも言えるでしょう。校正サービスでは、専門的な分野でもその道に精通していて、内容を理解できるプロの校正者を選出して、対応を行ってくれます。

医学であっても、その中には多くの領域に分かれており、内容も難しさもカテゴリーによって大きく異なります。その細かい分野にも対応できるように多くのスタッフを細分化し、対応にあたっている業者も多いのです。その分野を実際に学んで網羅しているスキルの高いプロの校正者が、さらに高品質な校正サービスでは二人体制での厳しいチェックを行っているので、論文の質も大きく上げることが可能となるのです。

英文校正サービスを利用しているのはどんな人?

英文で論文制作を行う方は専門的な分野であることが多いです。医療や化学関連、ビジネスや経済学など、近年日本も海外に遅れを取らない程に発展してきました。しかし、国際化が進んでいる昨今でも、日本人の英語力は海外から見ればネイティヴとは言いづらいものであります。世界で活躍する著名人でも、まだぎこちない英語を話す程度であったり、日本人の英語力が問われている近年、スマホの普及によってSNSの発展は目覚ましく、より外国との距離は近いものになりました。

そのため、外国人と交流する機会も増え、それに伴い英文に触れる機会も多くなり、一般人でも海外に向けて情報を発信することを考える方も増加している傾向にあります。英文校正をSNSなどのメディアへの投稿に利用する方から、国内で評価を受けた論文を海外雑誌にも投稿する目的で校正サービスを利用する人や、学会での発表論文の校正を依頼する方など、様々な方が英文校正サービスを利用します。

どのように翻訳するべきか、執筆した英文が正しい翻訳であるかどうかの確認、専門的な用語のスペルチェックや文章の構成の確認に利用する人が多いようです。論文のような形式のものは、よりネイティヴな文章が求められているのはもちろん、SNSなどの短い文章でも膨大な数の情報の中から自身の文を評価してもらうためには、適切な文章で構成する必要があります。

内容の良いものでも文章構成がしっかりしていれば、目に留まることも多くなり、画期的な情報配信に校正サービスは大いに役立つのです。

英文校正を依頼することで避けられるリスクとは

校正サービスを依頼することで様々なリスクを避けることができます。英文に限らず、論文のように形式ある文章は単純なミスでも稚拙な文章と捉えられてしまいます。そういった判断をされてしまうと海外雑誌への掲載が難しくなります。医学や経済学のような専門的な用語が多い分野では、適切な言葉の選び方と文章の構成力がより強く求められます。

雑誌へ掲載してもらうには、質の高い内容なのはもちろん、尚且つ海外と遜色ない英語力の論文であることが必須となります。ネイティヴな文章に仕上げるためには何度も確認作業をすることが大切ですが、自身一人の確認では間違うこともあり、校正サービスに依頼することでその間違いに気づくことができます。

高品質な校正サービスでは二人体制で確認を行ってくれる業者もあり、複数人で何度も確認することで些細なミスも発見することができます。日本語であっても些細なミスをする可能性はあり、不慣れな外国語であればその可能性はより高くなります。英文校正ではこういったリスクを大幅に下げることが可能となり、より高品質な論文に仕上げることができるようになります。

また、英語は少し言葉を間違えることで不躾な言葉と変わることもあるため、内容の品質を良くしていても単純なスペルミスによって読むに足らないと判断されることもあります。せっかく作り上げた論文を些細なミスで、最後まで読まれることのないままに投げ出される、といったリスクも避けられるようになるのです。英文校正サービスを利用し、自身の論文に大きな価値を見出しましょう。

まとめ

容易に海外に自身の情報を発信できるようになった昨今、日本人の適切な英語がより強く求められるようになりました。稚拙な文章を投稿してしまうと、自身の画期的な研究や考えもすべてが灰になってしまうこともあり、英文校正ではそのリスクを大幅に下げることが可能となるのです。

自分自身の確認だけでなく、その分野に精通している複数人でチェックを入れることで、些細なミスもなくすことができるようになるのです。海外に情報を発信する際は、英文校正サービスで原稿の念入りなチェックを行うことがオススメです。

TOPへ戻る