外資系企業への就職活動なら英文校正サービスで勝ち組に!

実力・成果主義、ポジショニングの明確さ、ワークライフバランスの尊重など、外資系企業ならではの良さがあります。時代の変遷に伴い、そのような働き方を求めて、語学力を身につけて外資系企業を志望する方が増加傾向にあります。採用につなげるためには履歴書等の書類を作成した後、ぜひ英文校正サービスを利用してもらいたいと思います。英語のライティングに自信がある方でも、ネイティブ的な表現に仕上げるのは非常に難しいためです。

英文校正サービスを利用すべき理由

なぜ作成したレジュメを添削してもらう必要があるのか、校正サービスは有効なのかと疑問を持つ方もいるかもしれません。校正サービスではどのような点をチェックされるのかというと、まずは誤字脱字です。これは当然、あってはならないミスです。もちろん履歴書を作成した本人もそのあたりはきちんと確認しているかと思いますが、自分で書いた文章だとミスを見落としがちです。日本語で作成した場合でも言えることですが、書かれている内容が自分で分かっているので、ついちょっとした誤りを見過ごしてしまうのです。

そしてさらに大切なのが、文法や表現についてです。これらに関しては特に、プロの翻訳家が翻訳作業を行っても校正者やネイティブチェッカーによって修正が入ることがごく当たり前にあります。それほど、母国語でない言語の文法や表現を習得するのは困難だということなのです。内容や表現的に誤りがなくても、よりネイティブに近い表現へと仕上げたい場合、やはり英文校正サービスの利用が欠かせません。

志望先へ提出するレジュメやカバーレターは、友人とのメールのやり取りやブログ記事の作成とは違い、専門的で完成度の高い文章が求められるものです。表現方法による微妙なニュアンスの違いを理解し、より適切な文法の使い方をするには、ネイティブで、しかも専門的知識・技術を持った者でなければ難しいものです。そのため、仕上げたレジュメやカバーレターといったものを、英文校正サービスを利用してより志望先に適した内容に仕上げていくことが重要なのです。

話し言葉と書き言葉は違います。ライティングが得意でも、読み手に応じた書き方をすることができるでしょうか。どんなに英語を頑張って勉強したり、留学経験があったりしても、適切で正しい文章を書くのは難しいものです。このような点をカバーするには、やはりプロの校正者に依頼して添削・修正してもらう必要があると言えるでしょう。人生に関わる大事な就職を目的としているならばなおさらです。

就職関連書類には何がある?

外資系企業への就職を希望する際、必要な書類にはどういったものがあるのでしょうか。一般的なものについて、具体的に見ていきましょう。まず絶対必要となるのが、履歴書です。履歴書は主に、レジュメとCVというものがあり、少し性質の異なるものです。前者は学歴や職歴、資格、過去の業績やスキルなどを幅広く記載するものです。そして簡潔に仕上げる必要があります。後者については、学歴や学位、研究結果や受賞歴、出版物、発表などの業績を含むものです。そのため、通常CVはレジュメより長いものとなり、学歴についてしっかりとアピールするものと言えます。

そして外資系企業への就職時に重要な書類として、カバーレターが挙げられます。履歴書と一緒に添えるもので、自分の能力や経験について履歴書に追加的な内容を記載するものです。カバーレターでは、いかに自分が志望先に適しているのか、どれほどその業界に向いているのかなどをアピールする目的で作成されるものです。日本でいう志望理由書や自己PR文に当たるものです。採用時に、応募者の適正や熱意を測るのに重要な役割を果たすものなので、指定がなくても履歴書にはカバーレターを添えておくのがベターでしょう。

基本的には、レジュメかCV、カバーレターが外資系企業への就職を志望する際に必要な書類です。その他、外資系企業への就職に向けて英文校正サービスを利用する場面としては面接対策があります。実際、英文校正会社では面接スクリプトのサービスをが提供されています。英語が堪能でも、企業の面接となると少し特殊なので英語力が不十分なケースもあります。業界によっては専門用語を使いこなす必要も出てきます。特に2次・3次面接と進むにつれて質問内容、求められる回答が高度になっていく傾向にあります。想定される質問をピックアップしておき、あらかじめ回答となる文章を考え、英文校正サービスを利用するのが得策でしょう。

校正サービスの選び方

「英文校正サービス」と検索するだけで非常に多くの会社が出てくることでしょう。グローバル化が進む中その需要も高まり、価格競争の激しい業界となっています。安さを売りにしていたり、24時間以内のスピード対応といった、添削の速さを売りにしている会社もあります。いずれも魅力的ではありますが、できればネイティブチェックを含む校正作業が丁寧な会社を選択したいものです。

ビジネス文書や履歴書等を専門的に取り扱っている会社もおすすめです。同じ人物の履歴書を作成するとしても、志望先の業界が異なれば、その企業に応じた履歴書の書き方、カバーレターでのアピール方法というものがあります。志望先の特色やカラーに合わせた文章を作成するにも技術が必要です。そういった部分にどこまで対応できるのかが、英文校正会社を選択する際には必要です。

また特に注意が必要なのは、たとえば医療、特許技術や法務関係等、高度な専門知識を要する業界への就職活動の場合です。校正者の知識がなければ的確なアドバイスができないことがあります。それに該当する場合には、専門性の高い会社を探すべきですし、英文校正を依頼する前には、その旨をきちんと伝えておく必要があります。

英文校正サービスを利用することで、単にスペルミスの訂正だけでなく、冠詞の使い方や文法の誤り、よりネイティブに近い表現への修正をしてもらうことができます。そのためには、クロスチェックとネイティブチェックの双方が欠かせません。そしてより適切な表現を用いた完成度の高い履歴書やカバーレターが作成できれば、志望先への就職に大きく前進します。そのためやはり、金額やスピードを重視するのではなく、校正の丁寧さ、校正者の能力などをもとにしっかりと比較検討するべきだと言えます。またそれが満足いくもので結果にもつながったのであれば、面接対策に利用するのも良いでしょう。

まとめ

より自分の理想の働き方を求めて、外資系企業への就職や転職を希望する方が増えています。英語に自信のある方なら挑戦してみるのも良いかもしれません。しかし、履歴書やカバーレターを作成する際には、自身の英語力を過信せずに、プロの添削を活用するべきです。

英文校正サービスを行う会社は非常に多いため、どこを選択すれが良いのか迷ってしまうかもしれません。そんな時には、校正に関する工程の丁寧さ、専門性の高さを基準にして検討してみてください。英文校正サービスを利用するにはお金がかかりますし、英語力に自信がある方ほどもったいなく感じてしまうかもしれません。しかし、自己投資のひとつだと考え、思い切って英文のプロの力を借りてみてください。

TOPへ戻る