英文校正サービスにある、プレゼンテーション添削とは

プレゼンテーション内容をしっかりと英訳することは、自分の持っている考えや研究の成果を伝えきるためにも、そしてまた相手を納得させる意味でもとても大切ですよね。基本的な英文上のミスをなくすことはもちろん、教養が高く、語彙の豊富なレベルの高い校正者によるチェックが必要になってきます。

また、専門的な分野になればなるほど、英文の中にも正しい用語が効果的に使われているかが重要になってくるため、案件にあった校正サービスの選択が重要になります。

まず英語スピーチで必要なものは?

学会やカンファレンスなどで、様々な国の研究者やビジネスパーソンのスピーチを聞く機会があるかと思います。日本人のスピーチになると、どうも場の盛り上がりに欠けたり、熱意が伝わってくることなく、淡々とスピーチが終わってしまったなどということを目のあたりにしたことはありませんか?

実は、それはそのプレゼンター個人の能力の問題だけではなく、日本人特有のコミュニケーションの考え方、コミュニケーションの取り方にも原因があると言われています。日本人が比較的コミュニケーションが苦手としていることを、実体験から何となくお気づきの方もいるのではないでしょうか。

文化的な背景などにより、コミュニケーションそのものへの修正は難しい場合もありますが、スピーチの場合は少し違います。英語で行うスピーチには、日本語でのスピーチ以上に、コミュニケーション能力の高さ、会話力の高さ、スピーチ全体の流れの良さなどが求められるからです。これらは、英語能力や発音のクリアさ、また実際のコミュニケーション能力の高さに関係するのではなく、プレゼンテーション能力の高さに関係してきます。

まず、ポイントとして注意したいのは、「読む」スピーチから、聴衆へ「話しかける」スピーチへとシフトしていくということ。そして、興味を惹く言い回しを意識すること、オーディエンスとの距離感や熱意のバランス感を意識することも、ぜひ気にしていただきたい点です。プロに力を借りて、足りていない部分をしっかりと補うことで、より説得力のある、より魅力的で、効果的なスピーチを実現することができます。ぜひ、スピーチそのものについて、あらためて考え直してみてください。

英文校正会社では、企画書やスピーチも校正可能!

英文校正サービスを提供している会社では、様々なケースに備えてサービスを充実させています。例えば、ビジネスシーンでの企画書のチェック、または研究機関で必要となる研究企画書のチェックなどです。簡潔に、かつポイントをおさえて書くことが要求される企画書ですが、これも英語ならではの企画書を書くときの基本を知っておく必要があります。

日本語の企画書では、序文や補足がしっかりと文章で表現されていたりということがよくあります。しかし、英語で書かれた企画書の基本は、的確にシンプルに目的と結論を意識して書くということを重視します。ビジネス上、日本語ではよく使われている表現方法や言い回しでも、英語に置き換えることによって、あまり意味をなさなくなってしまうような文章が、実は少なくないのです。

そして、それは英語に堪能な方ではなければ、自らチェックをすることは意外と時間を要し、難しいことでもあります。そういった場合にぜひ検討していただきたいのが、英文校正会社による企画書のチェックです。英文校正会社の中には、スピーチのチェックに特化しているも多く存在します。スピーチの中の英文法やスペル、単語表現の精査はもちろん、いかにオーディエンスに「伝わる」文章へと変えるかという点も英語のスピーチのチェックでは重要になってきます。

日本語と英語は、細かい表現の仕方やコミュニケーションで大切とするポイントが大きく異なる言語です。経験豊かな校正者の手にかかることによって、より自信を持ってスピーチできる文章になることでしょう。OKをもらえる企画書やスピーチの成功を目指すためにも、既存のいろいろなサービスを、ニーズごとにしっかり活用していただければと思います。

実際のスピーチで覚えるべき表現は?

では、実際に英語でスピーチをする際に、気をつけるべき英語の表現について見てみたいと思います。日本語で行われるスピーチには、畏まった固い雰囲気で始まることが多いですよね。しかし、英語で行われるスピーチには、程よい緊張感を伴いつつも、どこかフランクさが感じられる明朗な挨拶が求められます。

まずは、時間帯に適した挨拶と、簡単な自己紹介のシンプルな2つの項目が必要です。イントロダクションはとても大切な部分でもありますから、オーディエンスとの距離感を大切に、快活さを意識したアプローチをしてみてください。続いて、何についてスピーチをするかをわかりやすく伝え、本題に入って行きます。英語のスピーチで注意していただきたいのは、はっきりとした口調で、自信に満ちた言葉のやりとりをすることです。

全体を通して、英文スピーチでは、強調する箇所を意識することと、ひとつひとつの文章を言い淀まないことが大切です。スピーチの中で役に立つ表現を、例として、いくつかご紹介します。「Let’s move on to~」や、「Let me begin by~」、「Let’s have a look at~」など、「Let」を入れた表現がとても役立ちます。日本語ではあまり馴染みのない表現ですが、これは序盤から終盤にかけての様々なシーンで使える便利なフレーズです。

また、「As I mentioned earlier~」や「As I’m sure you know」、「As you can see」などの「As」を使った表現も、説得力が増し、語りかけることができるので、コミュニケーション面で大きな役割を担います。ぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

英語でのスピーチは、個々の能力や経験のみならず、自己表現力が問われる場面でもあります。頭を少し切り替えて、柔軟な気持ちで、レベルの高いスピーチになるよう準備をすすめてみてください。また、プレゼンテーションが上手だなと思う方が身近にいる場合は、その手法を参考にしてみるのも良いことです。

そして、必要な場面には、プロによる校正や添削サービスを取り入れて、しっかりと作り込んでから臨みましょう。きっと、満足のいくプレゼンテーションができるはずです。

TOPへ戻る